フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > 民族解放軍(ELN)

民族解放軍(ELN)
Ejército de Liberación Nacional,National Liberation Army

米国FTO (1997年10月8日)

主な活動地域

コロンビア(特にベネズエラ国境に近い北部,北東部)

組織の概要

「民族解放軍」(ELN)は,1965年に設立された革命政府樹立を唱える親キューバ,反米及びマルクス・レーニン主義の反政府武装組織である。「コロンビア革命軍」(FARC)に次ぐ規模の共産主義系武装組織で,設立時の指導者はリカルド・ララ・パダラとファビオ・ヴァスケスであった。現在の指導者はニコラス・ロドリゲス・バウチスタ(通称ガビーノ)であるが,同人を含む5人(エリエセル・エリントン・チャモッロ・アコスタ〈通称アントニオ・ガルシア〉,イスラエル・ラミレス・ピネダ〈通称パブロ・ベルトラン〉,ラファエル・シエラ・グラナドス〈通称ラミロ・バルガス〉及びグスタヴォ・アニバル・ジラルド〈通称パブリート〉)が中央司令部を構成し,集団で意思決定を行っているとされる。ただし,内部には和平積極派と反対派で対立があるとの指摘もある。経済基盤の破壊,国営電力会社の民営化反対などを目的として,関連施設への爆弾テロや誘拐事案などを起こしており,1994年9月には,カサナレ県で邦人牧場主が誘拐されている(同年11月,解放)。

1998年7月から和平交渉再開を模索してコロンビア政府と接触を続け,非武装地帯の設置などで合意したが,政府の麻薬撲滅作戦「コロンビア計画」や極右武装集団に対する対応などへの不満から,予備協議が度々中断し,2002年5月に協議を打ち切った。2005年12月からELNは,ウリベ政権と和平交渉の予備協議を断続的に行ったが,進展はなかった。2012年にFARCがサントス政権との和平交渉を開始して以降,ELNも政府に交渉を呼び掛けていたところ,両者は,2014年1月から,エクアドル政府の仲介で,正式和平交渉開始に向けた予備折衝を行い,2016年3月,正式和平交渉を開始することで合意したと発表した。しかし,交渉開始の条件となっている人質の解放が遅れ,交渉の開始は2017年2月になることが発表されている。

ELNの勢力は5,000人から6,000人であったが,ウリベ政権(2002年から2010年)及びサントス政権(2010年以降)の国内共産主義勢力に対する掃討作戦により,組織が弱体化したため,現在の勢力は約1,500人とされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。