フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > コロンビア革命軍(FARC)

コロンビア革命軍(FARC)
Fuerzas Armadas Revolucionarias deColombia -Ejércitodel Pueblo,Revolutionary Armed Forces of Colombia

米国FTO(1997年10月8日)

主な活動地域

コロンビア,エクアドル,パナマ,ベネズエラ

組織の概要

「コロンビア革命軍」(FARC)は,中南米で最大規模の共産主義系武装組織である。1960年代初頭,コロンビア農民の自警組織として活動を開始し,最盛期には約2万人を超える勢力を有していたとされる。マルクス主義の下,コロンビアにおける現行秩序の転覆及び左派系反米政権の樹立を標榜しつつ,農民の地位向上と政治参加の実現を目指している。なお,傘下組織のうち資金源とされる麻薬取引に従事するものの中には,犯罪組織化し,あるいは犯罪組織と協同関係にある組織が存在するとの指摘もある。

設立時の指導者はマヌエル・マルランダである。FARCは麻薬の大量輸送にも深く関与しているほか,コロンビア政府・軍などに対して,殺人,迫撃砲攻撃,誘拐及び強奪などを実行してきた。

1991年8月のアンティオキア県での大手電機メーカー社員誘拐事件,1998年9月及び2001年8月の邦人農場経営者誘拐事件,2001年2月の首都ボゴタでの自動車部品会社現地法人副社長誘拐・殺害事件(2003年11月,遺体で発見),2010年3月,バジェ・デル・カウカ県サンティアゴ・デ・カリ市近郊で邦人農場経営者が犯罪組織に誘拐された後,FARCに引き渡された事件(同年8月,警察によって救出)など,邦人が被害を受ける事件も起こしている。

また,2002年2月にイングリッド・ベタンクール元大統領候補誘拐事件を,同年4月には元バジェ・デル・カウカ県議会議員12人の誘拐事件を引き起こした。ウリベ政権(2002年から2010年)及びサントス政権(2010年以降)が実施した国内共産主義勢力に対する掃討作戦の結果,2008年には最高幹部のマヌエル・マルランダ,ラウル・レイエス及びイバン・リオスが,2010年には軍事部門指導者で組織ナンバー2のヴィクトル・フリオ・スアレスが,2011年には最高指導者アルフォンソ・カノが相次いで死亡したことから,FARCの勢力は約7,000人にまで減少したとされる。その後,ロドリーゴ・ロンドノ・エチェベッリ(別名ティモレオン・ヒメネス,通称ティモチェンコ)が最高指導者に就任した。

FARCは,2012年10月,キューバ政府の仲介でコロンビア政府との和平交渉を開始し,主要5議題のうち,2013年5月に農地・農業改革,同年11月に内戦終結後の政治参加,2014年5月に麻薬と違法作物,2015年12月には内戦の責任と被害者補償の各議題でそれぞれ合意に達し,残るは武装解除方法問題のみとなっている。なお,両者は2015年9月,交渉期限を2016年3月23日とすることで合意した。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。