フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ハッカーニ・ネットワーク(HQN)

ハッカーニ・ネットワーク(HQN)
Haqqani Network

国連制裁対象 (2012年11月5日)

米国FTO (2012年9月19日)

主な活動地域

アフガニスタン(南東部,首都カブールなど),パキスタン(連邦直轄部族地域〈FATA〉北ワジリスタン地区)

組織の概要

「ハッカーニ・ネットワーク」(HQN)は,「アルカイダ」とのつながりを有するとされる「タリバン」内の強硬派グループで,独自にテロを計画・実行しているとされる。現在の指導者は,HQN創設者で,「タリバン」政権下で辺境相を務めたジャラールッディン・ハッカーニの息子のシラージュッディン・ハッカーニで,組織構成員は約1万人とされる。

HQNは,パキスタン・連邦直轄部族地域(FATA)北ワジリスタン地区ミランシャーに拠点を置き,FATAと隣接するアフガニスタン南東部や首都カブールでアフガニスタン治安部隊や外国人を標的とした自爆テロなどを繰り返している。

HQNは,対ソ戦中の1983年頃に,反ソ武装勢力の一つである「ヒズベ・イスラミ・ヘクマティアル派」(HIG)の分派組織「ヒズベ・イスラミ・ハリス派」(HIK)のメンバーであったジャラールッディンが,ロヤ・パクティアと呼ばれていたアフガニスタン南東部で,パシュトゥン人のザドラン部族を中心に組織化していったものとされる。

その後,ジャラールッディンは,「タリバン」がカブールを制圧した1996年に,「タリバン」最高指導者モハンメド・オマルに忠誠を誓い,同組織に加わった。HQNは,2001年に「タリバン」政権が崩壊した後も,パキスタン・FATA北ワジリスタン地区やアフガニスタン南東部を中心に勢力を維持し,駐留外国軍のアフガニスタンからの撤退などを主張し,活発なテロ活動を続けている。シラージュッディンは,オマルの死後,最高指導者となったマンスール体制下で副指導者になり,現在のハイバトゥッラー体制でも副指導者を務めている。

HQNは,これまで,首都カブールで発生した,2008年7月及び2009年10月のインド大使館への自爆テロ事件のほか,2011年9月及び2012年4月の外国公館などを攻撃した同時多発テロ事件(2012年の事件では,日本国大使館も一部被害),2014年11月の南東部・パクティカ州のスポーツイベント会場での自爆テロ事件など,多くのテロ事件への関与が指摘されている。

他方,2012年8月以降,シラージュッディンの弟で,HQN幹部であったバドルッディン・ハッカーニ,ナシールッディン・ハッカーニ,アナス・ハッカーニが,相次いで死亡又は逮捕されるなど,一定の打撃も受けているとされる。

なお,「ハッカーニ」という名前は,ジャラールッディンがパキスタンのカイバル・パクトゥンクワ州内のマドラサ(宗教学校)「ダルル・ウルーム・ハッカーニア」出身であることに由来するとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。