フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ハルカトゥル・ムジャヒディン(HUM)

ハルカトゥル・ムジャヒディン(HUM)
Harkat ul-Mujahideen

別称:
ジャミアトゥル・アンサール(JUA) Jamiat-ul-Ansar
ハルカトゥル・アンサール(HUA) Harakat ul-Ansar
アル・ファラン al-Faran

国連制裁対象 (2001年10月6日)

米国FTO (1997年10月8日)

主な活動地域

パキスタン,カシミール地方

組織の概要

「ハルカトゥル・ムジャヒディン」(HUM)は,デオバンド派(南アジアで最も有力なスンニ派イスラム学者の系統)のイスラム過激組織である。パキスタン・パンジャブ州ラワルピンディや同国管理下のアザド・ジャム・カシミールのムザファラバード等を拠点とし,数百人の勢力を有しているとされる。ファズルル・レフマン・ハリルが長く指導者の地位にいたとされるが,同人は,2000年,その地位を副指導者であったマウラナ・ファルーク・カシミーリに譲り,自身は事務局長のポストに就いたとされる。

HUMは,1985年,「ハルカトゥル・ジハーディ・イスラミ」(HUJI)の分派組織として設立されたとされ,アフガニスタンにおける対ソ連戦に参加し,ソ連撤退後は,カシミール地方での対インド武装活動に方針を転じた。1993年,HUMとHUJIの合併により,「ハルカトゥル・アンサール」(HUA)が結成されたとされる。

米国国務長官は,1997年,インド管理下のジャム・カシミール州で発生した欧米人観光客誘拐殺害事件(1995年)の実行グループ「アル・ファラン」がHUAと同一組織であると断定し,HUAを「外国テロ組織」(FTO)に指定した。同指定を受けたHUAは,内部で旧HUM派と旧HUJI派の対立を深め,再びHUMとHUJIに分裂したとされる。

1999年12月,HUMは,インド航空機をハイジャックし,インドで拘束されていたHUM幹部マウラナ・マスード・アズハルらを人質の解放と引換えに釈放させた。しかし,マウラナ・マスード・アズハルが,「ムハンマド軍」(JeM)を新たに立ち上げると,多くのHUMメンバーがJeMに流れたとされる。また,同事件で同じく釈放されたオマル・サイード・シェイク(HUMメンバーとされる)は,2002年7月,同年1月の米国紙記者誘拐殺害事件に関与した罪でパキスタンにおいて死刑判決を言い渡された。

2001年9月,米国国務長官がHUMをFTOに指定(HUAについてはHUMの別称として指定)したほか,パキスタン政府も2003年10月,HUMを非合法化した。これを受け,同組織は名称を「ジャミアトゥル・アンサール」(JUA)に変更したが,パキスタン政府は2003年,JUAも非合法化した。なお,報道などでは,知名度のあるHUMの名称が現在も使われることが多い。

HUM指導者であったファズルル・レフマン・ハリルは,「アルカイダ」のオサマ・ビン・ラディンらによって1998年2月に発出された声明「ユダヤ・十字軍に対するジハードのための世界イスラム戦線」に署名したとされていることなどから,HUMと「アルカイダ」との関係が指摘されている。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。