フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > イラク・レバントのイスラム国(ISIL)の「ホラサン州」

イラク・レバントのイスラム国(ISIL)の「ホラサン州」
ISIL-Khorasan

米国FTO(2016年1月14日)

主な活動地域

アフガニスタン(東部,北部,首都カブールなど)パキスタン(シンド州,バルチスタン州,カイバル・パクトゥンクワ州など)

組織の概要

「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)の「ホラサン州」は,2015年1月に初代最高指導者ハフィズ・サイード・カーン(元「パキスタン・タリバン運動」〈TTP〉地方司令官,2016年7月死亡)らがISIL最高指導者アブ・バクル・アル・バクダディに忠誠を誓い設立されたISILの関連組織である。「タリバン」やTTPなどから戦闘員をリクルートし,アフガニスタン東部・ナンガルハール州,同クナール州,同国北部・ジョウズジャーン州の一部地域を拠点とし,首都カブールやパキスタン国内などでテロを繰り返している。

「ホラサン州」は,2016年以降,最高指導者を含む多数の幹部及び戦闘員が殺害されており,勢力が1,000人程度まで減少したとされるほか,三代目最高指導者アブ・サイードが2017年7月に米軍の空爆によって死亡後,後継者問題で組織がアスラム・ファルーキー派とモアウィア・ウズベキスタニ派に分裂しているとみられている。

なお,同組織は,パキスタンにおいて,「パキスタン・タリバン運動ジャマートゥル・アフラル」(TTP-JA)や「ラシュカレ・ジャンヴィ」(LJ)など,パキスタンを拠点に活動する武装勢力と共同してテロ攻撃を実行しているとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。