フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ジャム・カシミール解放戦線(JKLF)

ジャム・カシミール解放戦線(JKLF)
Jammu and Kashmir Liberation Front

主な活動地域

インド,カシミール地方

組織の概要

「ジャム・カシミール解放戦線」(JKLF)は,1977年に英国バーミンガムでアマヌッラー・カーンらによって設立された最古のカシミール分離主義組織の一つで,インド・パキスタン両国からのカシミールの独立を目的としている。JKLFは1994年,組織内の一派閥を率いるヤシン・マリクが武装活動を放棄することを表明したことで路線対立が生じ,インド管理下のジャム・カシミール州を本拠とするヤシン・マリク派と,パキスタン管理下のアザド・ジャム・カシミールを本拠とするアマヌッラー・カーン派に分離した。

以後,ヤシン・マリク派は,政治活動を展開する一方で,アマヌッラー・カーン派は,1996年3月に最高幹部のシャッビル・シッディキらが殺害された後も,2003年9月には「軍事部門を廃止したことはない」と表明している。

JKLFは,インド政府によりテロ組織に指定されている。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。