フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ジャマートゥル・フルクァン(JUF)

ジャマートゥル・フルクァン(JUF)
Jamaat-ul-Furqan

主な活動地域

パキスタン

組織の概要

「ジャマートゥル・フルクァン」(JUF)は,「ムハンマド軍」(JeM)副指導者兼軍事部門指導者であったマウラナ・アブドゥル・ジャッバルがJeMから分派して設立したデオバンド派のイスラム過激組織である。2003年11月,パキスタン政府により非合法化された。ジャッバルは,1980年代からイスラム過激組織の活動に関わり,「タリバン」政権崩壊までアフガニスタンに滞在した後,JeMに加入したが,同組織の設立者アズハルと活動方針をめぐり対立したため,JeMを離れた。ジャッバルは,2003年12月のパキスタンのムシャラフ大統領暗殺未遂事件に関与した疑いで逮捕されたが,その後,釈放されたとされる。なお,2004年7月の同国アジズ元首相(当時,財務相)暗殺未遂事件の容疑者は,JeM及びJUFのメンバーであったとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。