フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ムハンマド軍 (JeM)

ムハンマド軍(JeM)
Jaish-e-Mohammed

別称:
クッダムル・イスラム(KI) Khuddam-ul-Islam

国連制裁対象 (2001年10月17日)

米国FTO (2001年12月26日)

主な活動地域

パキスタン,カシミール地方

組織の概要

「ムハンマド軍」(JeM)は,「ハルカトゥル・ムジャヒディン」(HUM)の幹部マウラナ・マスード・アズハルが,2000年1月に分派して設立したデオバンド派のイスラム過激組織である。設立には,「アルカイダ」最高指導者オサマ・ビン・ラディン(当時)や「タリバン」などが関わったとされる。パキスタンのペシャワールやムザファラバードを拠点に,パキスタン管理下のアザド・ジャム・カシミールやインド管理下のジャム・カシミール州に数百人の勢力を有しているとされる。

JeMは,ジャム・カシミール州のパキスタンへの併合を目標とする反インド武装活動を展開しており,2001年12月,「ラシュカレ・タイバ」(LeT)とともに,インド国会議事堂を襲撃したとされる。同事件を受け,パキスタン政府は,2002年,JeM及びLeTを非合法化し,アズハルを一時逮捕した。その後,2003年までに,JeMは,アズハル率いる「クッダムル・イスラム」(KI)とマウラナ・アブドゥル・ジャッバル率いる「ジャマートゥル・フルクァン」(JUF)に分裂したが,パキスタン政府は2003年11月,両組織を非合法化した。その後もインド警察等との衝突が相次いでいたが,2016年1月に発生したインド北部・パンジャブ州にあるパタンコート空軍基地への襲撃事件では,インド当局がアズハルを首謀者として起訴した。

JeMは,「アルカイダ」やアフガニスタンの「タリバン」との関係が指摘されている。また,英国・ロンドン地下鉄等同時爆破テロ(2005年7月)及び英国発米国行き旅客機爆破テロ計画(2006年8月発覚)の主犯格とされる「アルカイダ」メンバーのラシド・ラウフ容疑者(2008年11月,連邦直轄部族地〈FATA〉北ワジリスタン地区での空爆で死亡したとの説あり)は,アズハルと親戚関係にあるJeMメンバーであったともされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。