フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > カマタプル解放機構(KLO)

カマタプル解放機構(KLO)
Kamatapur Liberation Organisation

主な活動地域

インド(西ベンガル州,アッサム州),ブータン

組織の概要

「カマタプル解放機構」(KLO)は,1995年に設立され,西ベンガル及びアッサム両州において,ラジボングシ人による独立国家「カマタプル」の樹立を目指す武装組織である。インドと国境を接するブータンの密林地帯に拠点を持つとされる。KLOは,設立時,「アッサム統一解放戦線」(ULFA)などから軍事訓練や武器の提供を受けたとされる。

2003年12月にブータン軍の掃討作戦を受け,一時弱体化したものの,ULFAの支援により組織を再建し,ブータン国内での拠点を再構築したとされる。インド治安当局は,2006年11月に西ベンガル州で停車中の列車内で発生した爆弾テロ(10人以上が死亡)について,KLOとULFAの共同犯行であるとの見方を示している。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。