フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ラシュカレ・イスラム(LI)

ラシュカレ・イスラム(LI)
Lashkar-e-Islam

主な活動地域

パキスタン(連邦直轄部族地域〈FATA〉カイバル地区)

組織の概要

「ラシュカレ・イスラム」(LI)は,デオバンド派過激組織で,拠点とする連邦直轄部族地域(FATA)カイバル地区バラにおいてシャリーアを施行することを目指して2004年又は2005年に設立された「タリバン」支持勢力の一つとみられている。2006年頃アフガニスタンでの対ソ連戦に参加したマンガル・バグが初代指導者ムフティ・ムニール・シャキルの後を継いで以降,戦闘的な性格を強めていったとされ,設立当初からの敵対組織であるバレルヴィー派(南アジアで有力なスンニ派イスラム学者の系統)過激組織「アンサール・ウル・イスラム」(AI)と衝突を繰り返している。

LIは,パキスタン軍が2014年10月に開始したカイバル地区での掃討作戦により,主要司令官や報道担当らが投降するなど少なからず打撃を受け,マンガル・バグを始めとする大多数の戦闘員はアフガニスタンへ逃げ込んだとされる。LIは「勧善懲悪」とも協力関係にあるとされ,「勧善懲悪」とともに「ムカミ・テフリケ・タリバン」(MTT)に加わっているとの指摘もある。また,LIは,2015年3月,パキスタン政府及び同国軍との戦いにおいて,「パキスタン・タリバン運動ジャマートゥル・アフラル」(TTP-JA)とともにTTPの名の下に連合することで合意したとされる。マンガル・バグは,2016年7月,アフガニスタン東部・ナンガルハール州で,米軍の無人機攻撃により死亡した。

パキスタン政府は2008年6月,AI及び「勧善懲悪」とともにLIを非合法化した。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。