フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ナガランド民族社会主義評議会 (NSCN)

ナガランド民族社会主義評議会 (NSCN)
National Socialist Council of Nagaland

主な活動地域

インド(ナガランド州),ミャンマー

組織の概要

「ナガランド民族社会主義評議会」(NSCN)は,1980年,ナガ人による独立国家樹立を目的に設立された武装組織である。1988年,インド政府との和平交渉をめぐり,イサク・ムイヴァー派(NSCN-IM)とカプラン派(NSCN-K)に分裂し,さらに2011年,NSCN-Kからコレ・キトヴィ派(NSCN-KK)が分派した。

NSCN-IMは,1990年代中頃からインド政府との対話を開始し,1997年8月に停戦に合意した後,2015年8月,インド政府と和平協定を締結した。

NSCN-Kはミャンマーに拠点があるとされ,たびたびミャンマー軍による掃討を受けていたが,2012年4月,同国政府との停戦に合意した。一方,インド政府とは2001年4月に停戦合意がなされたが,2010年4月に同停戦は失効したとされる。

NSCN-KKは,2012年4月,インド政府との停戦に合意し,以後,停戦合意を更新している。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。