フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > アル・バドル

アル・バドル
Al-Badr

別称:
アル・バドル・ムジャヒディン Al-Badhr Mujahidin

主な活動地域

パキスタン,インド,カシミール地方,アフガニスタン

組織の概要

「アル・バドル」は,インド管理下のジャム・カシミール州のパキスタンへの編入を目的とするイスラム過激組織である。自爆テロをカシミール地方に導入した最初の組織とされる。メンバーは数百人とされ,その大部分がパキスタン及びアフガニスタン(主にパシュトゥン人)出身とされる。

「アル・バドル」は,1971年に東パキスタン(現バングラデシュ)でベンガル人を攻撃した同名組織を源流とし,アフガニスタンにおいて,グルブッディン・ヘクマティアル(元アフガニスタン首相)勢力の一部として活動した後,1990年から「ヒズブル・ムジャヒディン」(HM)の一部隊となったものの,1998年に同組織から分派したとされる。

「アル・バドル」は,インド政府によりテロ組織に指定されている。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。