フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ルワンダ解放民主軍(FDLR)

ルワンダ解放民主軍(FDLR)
The Democratic Forces for Liberation of Rwanda

主な活動地域

コンゴ民主共和国,ルワンダ

組織の概要

「ルワンダ解放民主軍」(FDLR)は,1994年のルワンダ大虐殺後,フツ族及びルワンダ政府から追放された軍人等により結成された武装組織であり,現政権の打倒を目的としている。指導者はガストン・ルムリ・リャムレミェで,コンゴ民主共和国東部を拠点に約2,000人の勢力を有するとされる。コンゴ民主共和国とその近隣国は,2015年1月2日を期限として武装解除及び降伏を求めたが,FDLRが応じなかったため,同年2月,同組織に対する軍事作戦を実行した。2016年には,ルワンダ西部やコンゴ民主共和国東部・北キブ州で,治安当局を襲撃したほか,同州で赤十字の援助関係者を誘拐したとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。