フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > 国民解放軍(FNL)

国民解放軍(FNL)
Forces Nationales de Libération

主な活動地域

ブルンジ,タンザニア,ルワンダ,コンゴ民主共和国

組織の概要

「国民解放軍」(FNL)は,フツ族政権の樹立を目指すフツ族系反政府組織で,1985年に設立された。2001年,政治部門の「パリペフツ」が分裂したが,2006年に和解し再統合した。指導者はアガソン・ルワサで,勢力は数百人程度とされる。

FNLは,2006年,ブルンジ政府との停戦に合意し,2009年,政党として承認されたが,2010年の大統領選挙において「政府から不当な扱いを受けた」として反発を強め,選挙をボイコットした。その後,メンバーの多くは政府軍に統合されたものの,一部が武装活動を再開した。2015年,コンゴ民主共和国軍と「国連コンゴ民主共和国安定化ミッション」(MONUSCO)は,FNLに対し,共同軍事作戦を実施した。コンゴ民主共和国の「マイマイ」やルワンダの「ルワンダ解放民主軍」(FDLR)と連携しているとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。