フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > 神の抵抗軍(LRA)

神の抵抗軍(LRA)
Lord's Resistance Army

主な活動地域

ウガンダ(北部),南スーダン,中央アフリカ,コンゴ民主共和国

組織の概要

「神の抵抗軍」(LRA)は,1988年,キリスト教過激組織として,ウガンダ北部で現体制の排除等を目的に設立された。同国北部のほか,南スーダン,コンゴ民主共和国,中央アフリカに拠点を置き,各地で殺害や誘拐等を実行している。設立当初の勢力は約4,000人とされたが,2008年12月,コンゴ民主共和国,ウガンダ及びスーダンによる共同軍事作戦等により,勢力数は激減した。米国政府は,2008年8月,最高指導者のジョセフ・コニーを特別指定国際テロリスト(SDGT)に指定したほか,2013年4月,同人逮捕につながる情報に最大5万米国ドルの懸賞金を設定した。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。