フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > 赤い手の防衛者(RHD)

赤い手の防衛者(RHD)
Red Hand Defenders

主な活動地域

英国(北アイルランド)

組織の概要

「赤い手の防衛者」(RHD)は,1998年,北アイルランドの英国への残留を主張する諸組織の中で和平路線に反対する強硬派が中心となって結成された過激組織である。2006年時点の勢力は最大で20人程度とされる。

2002年1月,ベルファストのカトリック系の学校職員や郵便局員を攻撃の対象にすると表明した上で,同年発生したカトリック系郵便局員ら2人の殺害事件について犯行を自認したほか,2003年には,「アルスター防衛協会」(UDA)メンバー殺害事件(2人死亡),西ベルファストのシン・フェイン党事務所爆破テロ未遂事件などについて,犯行を自認した。なお,UDAや「ロイヤリスト義勇軍」(LVF)の分子がRHDの名前を用いて犯行を自認することがあるとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。