フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > 炎の陰謀中核 (SPF)

炎の陰謀中核(SPF)
The Conspiracy Nuclei of Fire

主な活動地域

ギリシャ

組織の概要

「炎の陰謀中核」(SPF)は,2008年1月に出現したアナキスト系過激組織で,ギリシャ・アテネやテッサロニキなどで,ギリシャ政府,外国政府,民間人などを標的としてテロを実行してきた。同組織は,2010年11月,ドイツ及びイタリアのEU代表部及びギリシャ国内の外国大使館複数に宛てた小包爆弾送付未遂事件を引き起こし,2011年,同事件に関与した疑いで同組織のメンバーらが逮捕された。また,同年2月,ギリシャの法務大臣宛てに爆弾が送り付けられた事件で,SPFなどが犯行を自認した。さらに,アテネ郊外の刑務所所長の自動車爆破事件(2013年6月,1人負傷)や裁判官宅に送り付けられた爆発物が爆発した事件(同年9月,死傷者なし),アテネ東部での刑務所幹部の自動車爆破事件(2014年6月,1人負傷)などについて,犯行を自認した。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。