フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > アルスター義勇軍(UVF)

アルスター義勇軍(UVF)
Ulster Volunteer Force

主な活動地域

英国(北アイルランド)

組織の概要

「アルスター義勇軍」(UVF)は,1966年に結成された,北アイルランドの英国への残留を主張する過激組織である。「旅団参謀」なる指導部の下に複数のグループが存在するとされる。

2004年時点の勢力は数百人程度とされ,北アイルランド全域で活動してきた。プロテスタント系組織としての宗派色も指摘され,一般市民を含むカトリック教徒を主たる標的とし,爆発物及び小火器を使用したテロを実行してきた。

1970年代に北アイルランドの英国からの分離を目指す過激派や一般のカトリック教徒に対するテロを多発させ,1974年5月には,アイルランド国内で自動車爆弾テロ事件(民間人32人死亡)を引き起こした。1994年10月,他のプロテスタント系武装組織とともに停戦を表明した。その後,組織を離れた強硬派による「ロイヤリスト義勇軍」(LVF)の結成(1996年),「アルスター防衛協会」(UDA)との間での衝突事件(2000年12月,7人死亡)などを経て,2007年5月,武装闘争の放棄を宣言し,2009年6月,武装解除を完了したと発表した。他方,2012年12月,ベルファスト市庁舎での英国旗掲揚の制限を同市議会が決定したことに反発した市民らによる抗議デモが暴徒化した際,UVF及びUDAの上級メンバーが暴力行為に関与したと指摘された。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。