フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > コーカサス首長国(CE)

コーカサス首長国(CE)
Caucasus Emirates

別称:
イマラート・カフカス(IK) Imarat Kavkaz

国連制裁対象 (2011年7月29日)

主な活動地域

ロシア(北コーカサス地方)

組織の概要

「コーカサス首長国」(CE)(又は「イマラート・カフカス」〈IK〉)は,ロシア・チェチェン共和国を中心とした北コーカサス地方にロシアから独立したイスラム国家の建設を目指す武装組織である。

2007年10月,北オセチア共和国ベスランで発生した学校占拠事件に関与した容疑で指名手配されていたチェチェン人独立派勢力の「チェチェン・イチケリア共和国」第5代「大統領」のドク・ウマロフは,「コーカサス首長国首長」を名のり,CEを一方的に創設するとともに,北コーカサス全域にシャリーアを導入する意向の声明を発表した。2009年11月には,モスクワ発サンクトペテルブルク行きの急行列車爆破事件(乗客26人死亡)について「コーカサス首長国軍司令部司令官」の名で犯行声明を発出したほか,2010年3月のロシア首都モスクワ中心部の地下鉄での連続自爆テロ事件,2011年1月のモスクワ・ドモジェドボ空港自爆テロ事件についても犯行声明を発出した。また,ウマロフは,2013年7月,インターネット上に,2014年2月開催のソチ冬季五輪阻止に向けたテロを呼び掛けるビデオ声明を発出したが,2013年9月頃に死亡したとされる。CEは,2014年3月,ウマロフの後任指導者として,アバール人のアリアシャブ・ケベコフ(別名アリー・アブ・ムハンマド)が就任したとする声明を発出した。ケベコフは,2014年5月,CEの活動を「ジハード」や「パルチザン戦」と呼び,分離のための闘いであると規定したが,2015年4月にロシア当局によって殺害された。その後,マゴメド・スレイマノフ(別名アブ・ウスマン・ギムリンスキー)が指導者の地位を継承したが,同人も2015年8月に殺害された。

CEは,「アルカイダ」と関係があるとされていたが,2014年後半より,内部の意見対立から,有力司令官の多くが「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)への忠誠を誓うようになり,ISILの「コーカサス州」設立につながった。2015年6月には,戦闘員全員の名前でISILに忠誠を表明したとされるが,その際,行動を共にしなかったカバルディノ-バルカリアの一部メンバーらが「コーカサス首長国」として活動しているほか,一部はシリアなどで戦闘に参加しているとされる。

2010年2月,ロシア最高裁判所は,CEをテロ組織に指定した。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。