フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 活発なプロパガンダ活動を展開するISILの広報媒体

活発なプロパガンダ活動を展開するISILの広報媒体

「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)は,これまで,勢力拡大や世界各地への影響力拡散などを企図し,自組織によるテロの「成果」をアピールするほか,ISILへの参加や欧米諸国などでのテロ実行を呼び掛けるなど,活発なプロパガンダ活動を展開してきた。

ISILの「公式」な広報部門

ISILが自称する「イスラム国」には,広報活動を管理・監督する「中央広報庁」が設置され,同庁の傘下に複数の「公式」な広報部門が設置されているとされる(注1)。これら広報部門は,各部門がその役割に応じ,動画や音声など様々な様式や多言語を駆使したプロパガンダを作成している。

アル・フルカン・メディア・ファウンデーション(Al Furqan Media Foundation)

Al Furqan Media Foundation
バグダディによる演説

バグダディ
による演説

  • ○ 過去には,犯行声明や死亡した戦闘員を称賛・追悼する動画など,多種多様なプロパガンダをインターネット上に掲載。
  • ○ 2015年以降は,最高指導者バグダディなど幹部による声明の発出に特化。

アル・ハヤト・メディア・センター(Al Hayat Media Center)

Al Hayat Media Center
ダービク,ルーミヤ

ダービク      ルーミヤ

  • ○ 外国語専門の広報部門との指摘。
  • ○ 組織方針や攻撃の呼び掛けのほか,犯行の主張などを掲載した「ダービク」,「ルーミヤ」など,各種言語(注2)によるオンライン機関誌を主に掲載。

アル・ナバア(Al Nabaa)

Al Nabaa
アル・ナバア

アル・ナバア

  • ○ ISILの活動などを紹介する紙媒体のアラビア語週刊誌「アル・ナバア」をシリアやイラクの支配地域内で配付との指摘。
  • ○ 2015年末頃からは,インターネット上にも同週刊誌を掲載し,世界各地のISILによるテロの「成果」などを紹介。

アル・バヤーン(Al Bayan)

Al Bayan
  • ○ 世界各地におけるISILによるテロの「成果」などを多言語(注3)によりラジオで放送。
  • ○ イラク北部・モスルで収録が行われているとの指摘。

アジュナド・メディア・ファウンデーション(Ajnad Media Foundation)

Ajnad Media Foundation
  • ○ アラビア語の宗教歌(ナシード)作成を専門とする広報部門との指摘。
  • ○ ジハードを推奨する宗教歌を掲載。

アル・ヒンマ・ライブラリー(Al Himmah Library)

Al Himmah Library
子供向け教材

子供向け教材

  • ○ ISIL戦闘員や支持者らに対する思想・理論教育の教材となるような刊行物を作成。
  • ○ 最近では,欧米諸国などへのジハードをテーマとした子供向けアラビア語学習教材などを相次いで掲載。
定形の犯行声明

定形の犯行声明

このほか,ISILは,シリア及びイラクの組織本体や世界各地の関連勢力などがテロを実行した際に,定形の犯行声明を発出している。ISILがISIを名のっていた当時には,その大半をISIの「宣伝省」が発出していたとされていることから(注4),現在,「宣伝省」と同様の役割を担っているとみられる「中央広報庁」が当該犯行声明を発出しているとの見方もある。


その他のメディア

ISILの「公式」な広報部門との位置付けにはないものの,「イスラム国」の「通信社」的な役割を果たしている広報媒体も存在している。

アーマク通信(Amaq News Agency)

Amaq News Agency
モスルでの「成果」を示すインフォグラフィック

モスルでの「成果」を示す
インフォグラフィック

  • ○ 世界各地におけるISILによるテロなどを速報するほか,特定地域における一定期間の「成果」を取りまとめたインフォグラフィックを作成。
  • ○ 現在,最も活発に活動しているとみられる広報部門。

ISIL関連組織による声明

シリア及びイラクの支配地域における各管区組織や,世界各地のISIL関連組織なども,自前の広報部門を有しているとされ,それぞれがテロの犯行声明を発出するなど,独自のプロパガンダ活動を展開している。

ISIL「ホラサン州」の声明

ISIL「ホラサン州」の声明

ISIL「西アフリカ州」の声明

ISIL「西アフリカ州」の声明

ISIL支持者らが運営しているとみられる広報媒体

世界各地のISIL支持者らが運営しているとみられる広報媒体も複数存在し,ISIL関連のテロを称賛するほか,新たな攻撃を呼び掛けるなど,プロパガンダ活動を活発に展開している。

フラート

  フラート

アル・サバート

   アル・サバート

アル・ワファー

  アル・ワファー

アン・ヌール

  アン・ヌール

プロパガンダの発出・大量拡散

各媒体は,作成したプロパガンダを独自のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)アカウントを通じて発出しているが,これらプロパガンダは,戦闘員や支持者ら個人のSNSアカウントからも発出され,結果として,大量拡散につながり,各国当局などによる規制が追い付かない状態となっている。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。