フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2004年10月

最近の内外情勢 2004年10月

10月 1日(金)
  • アルジャジーラが,アルカイダ幹部アイマン・アル・ザワヒリとみられる人物による録音テープを放送。
10月 5日(火)
  • 公安調査庁,オウム真理教大阪・大阪大今里施設に立入検査を実施。同施設が,教団名を秘匿した「ヨーガ教室」として,勧誘活動に使用されている実態を明らかにしたほか,施設内には,ヨーガ関連の書籍やビデオテープ以外に,「三大教典」を始めとする麻原彰晃の著書や同人の説法を収録したビデオ,カセットテープ等が多数保管されるなど,教団が依然として麻原の影響下にあることを確認。
10月 6日(水)
  • オウム真理教の破産管財人阿部三郎弁護士は,11回目の債権者集会を開き,教団が毎年最低1億円を管財人に支払う契約をしておきながら,過去2年間は年間7,000万円前後が支払われたただけで,来年6月までに支払う契約の9億6,000万円のうち,約4億4,000万円が未払いとなっていることから,弁済の遅れを理由に契約期限切れとなる来年6月以降も管財業務を続ける方針を表明。
10月 9日(土)
  • アフガニスタンで初めて直接選挙による大統領選挙が行われ,カルザイ暫定大統領が当選。
10月14日(木)
  • プーチン・ロシア大統領が訪中(~16日)し,14日には胡錦濤・国家主席と会談,両国の国境問題などについて合意。
10月16日(土)
  • 公安調査庁,オウム真理教埼玉・北越谷施設に立入検査を実施。検査の結果,同施設に中央部署である経理部を配置し,同部所属の出家信徒を集団居住させて経理事務に当たらせるとともに,全国の支部・道場の経理担当者を集め,経理処理の指導等を行っているほか,修行の場として運用している実態を確認。また,施設内には,麻原の説法を収録した書籍,ビデオテープ等が多数保管されており,教団が依然として麻原の影響下にある実態を確認。
10月17日(日)
  • アルカイダとの関係が指摘されるアル・ムサブ・ザルカウィが,ウェブ上でオサマ・ビン・ラディンに忠誠を表明。
10月19日(火)
  • よど号グループ・田中義三の妻,田中協子が北朝鮮から北京を経由して帰国。警視庁は帰国直後,同女を旅券法違反で逮捕。
10月20日(水)
  • オウム真理教「南烏山施設」(東京都世田谷区)の周辺住民らで組織する「烏山地域オウム真理教(現アーレフ)対策住民協議会」が,同区内で教団の解散を訴えてデモ行進を実施。
10月23日(土)
  • イラク・サマワの自衛隊宿営地内に初めて,ロケット弾が着弾しているのを発見。
  • 過激各派が,埼玉県熊谷市で「第59回埼玉国体秋季大会」に対する抗議集会・デモを実施。
10月26日(火)
  • イスラエル国会が,パレスチナ自治政府と交渉せずにガザ地区などから撤退するというシャロン首相が掲げるパレスチナ分離案を採決,承認。
10月27日(水)
  • アルジャジーラが,イラクで武装組織によって日本人男性1人が人質になった旨,報道。
  • 公安調査庁,オウム真理教京都・京都四条施設に立入検査を実施。同施設は,一般人勧誘のため教団名を秘匿した「ヨーガ教室」として運営されている実態を確認したほか,施設内には,「三大教典」を始めとする麻原彰晃の著書や同人の説法を収録したビデオ,カセットテープ等が多数保管されており,教団が,依然として麻原の影響下にあることを明らかにした。
10月28日(木)
  • 公安調査庁,オウム真理教京都・京都施設及び京都五条施設に立入検査を実施。このうち,京都施設は京都府と滋賀県の在家信徒を指導・教化するための拠点として運営されていること,また,京都五条施設では,来日中のロシア人信徒に対する教学指導が行われていることを確認した。また,両施設には,「三大教典」を始めとする麻原彰晃の著書や同人の説法を収録したビデオ,カセットテープ等が多数保管されており,教団が,依然として麻原の影響下にあることを明らかにした。
10月29日(金)
  • アルジャジーラが,アルカイダの指導者,オサマ・ビン・ラディンとみられる人物によるビデオ声明を放送。
  • 東京地裁は,オウム真理教が,「無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律」及び公安審査委員会が平成15年1月23日に行った「被請求団体を,3年間,公安調査庁長官の観察に付する処分の期間を更新する」旨の決定は違憲であり,同処分は団体規制で定められた必要な要件を欠く違法なものであると主張して,同処分の取消しを求めた訴訟で,「原告の請求を棄却する」判決を下した。
10月31日(日)
  • イラク・バグダッドで,武装組織によって人質になっていた日本人男性の遺体が発見。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。