フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2005年12月

最近の内外情勢 2005年12月

12月上旬
  • 共産党系や過激派系団体が,自衛隊のイラク派遣期間延長(12月8日閣議決定)をめぐり,「派遣延長反対」,「自衛隊即時撤退」を訴える集会・デモなどを実施(全国各地)。
12月 7日(水)
  • アルジャジーラが放映した映像の中で,アルカイダ幹部アイマン・アル・ザワヒリとみられる人物が,オサマ・ビン・ラディンは健在でありアルカイダの勢力は拡大していると強調。
12月 8日(木)
  • 右翼団体が,「日米開戦記念日」にちなみ,「大東亜戦争の正当性」を訴える街宣活動などを実施(東京,神奈川など)。
  • 自衛隊のイラクへの派遣期間について,政府は2006年12月14日まで延長することを閣議決定。
12月 9日(金)
  • 公安調査庁は,オウム真理教・横浜施設に対する立入検査を実施。
12月14日(水)
  • 日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN),インド,オーストラリア,ニュージーランドの16か国の首脳が参加して,初の東アジア首脳会議(サミット)を開催。同サミットが「東アジア共同体」形成に重要な役割を果たし得る,などを明記した首脳宣言を採択(クアラルンプール)。
12月15日(木)
  • イラクで国民議会選挙の投票を実施。
12月16日(金)
  • 国連総会が,北朝鮮による「外国人拉致」などの人権侵害を非難する決議を採択(ニューヨーク)。
  • 公安調査庁は,オウム真理教・北越谷施設に対する立入検査を実施。
12月24日(土)
  • 日朝政府間協議が行われ,拉致問題を始めとする懸案問題について議論(~25日,北京)。
12月26日(月)
  • 薬事法違反事件でオウム真理教幹部・野田成人に有罪判決(東京地裁,懲役1年6月・執行猶予5年)
12月27日(火)
  • インドネシアの独立派組織「自由アチェ運動」(GAM)が,インドネシア政府との和平合意(8月)に基づき,軍事部門「アチェ国民軍」を解体したと発表。
12月29日(木)
  • インドネシア国軍が,独立派組織「自由アチェ運動」(GAM)との和平合意(8月)に基づき,アチェ州内からの部隊撤退を完了。
  • オウム真理教が,八潮大瀬施設,大阪施設など全国12施設において,「年末年始集中セミナー」を開催(~1月3日)。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。