フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2006年8月

最近の内外情勢 2006年8月

8月 9日(水)
  • 右翼団体が,「反ロデー」活動として「北方領土奪還」などを訴える街宣活動や在日ロシア公館に対する抗議活動を実施(東京,大阪,北海道など)。
8月10日(木)
  • 英警察と国家保安部は,英国から米国に向かう航空機爆弾テロ計画を摘発し,21人を逮捕。
8月11日(金)
  • イスラエル軍とレバノンのシーア派イスラム主義組織ヒズボラの戦闘停止を求めた国連安保理決議が採択され,14日,停戦が発効。
8月12日(土)
  • オウム真理教が,埼玉・八潮大瀬施設,大阪施設などの教団施設において,「夏季集中セミナー」を開催(~15日)。
8月15日(火)
  • 過激派などが,小泉首相の靖国神社参拝に対する抗議集会・デモを実施(全国各地)。
  • 右翼団体が,終戦記念日に際して,靖国神社や各地の護国神社を参拝したり,戦没者慰霊祭に参加するなどしたほか,小泉首相の靖国神社参拝を支持する街宣活動を実施(全国各地)。
8月16日(水)
  • 根室湾中部漁協所属の第31吉進丸が,貝殻島付近海域でロシア国境警備艇に銃撃,拿捕された。乗組員の盛田光広さんが,頭部に銃弾を受け死亡。
8月18日(金)
  • 東京高裁は,地下鉄・松本両サリン事件など6事件に関与したとして殺人罪などに問われ,1審で死刑判決を受けたオウム真理教元幹部信徒・土谷正実に対し,被告側の控訴を棄却。
     なお,土谷の弁護側は,8月24日,高裁判決を不服として上告。
8月21日(月)
  • イラクの旧フセイン政権が起こしたとされるクルド人虐殺事件裁判の初公判がバグダッドで行われたが,フセイン元大統領は罪状認否を拒否
8月22日(火)
  • 在日本大韓民国民団の河丙鈺団長が,民団中央本部で開かれた中央執行委員会で辞任。河丙鈺団長は,在日本朝鮮人総聯合会との和解問題で生じた混乱に対する責任をとり,辞任する意向を示していた。
8月28日(月)
  • オウム真理教代表・麻原彰晃こと松本智津夫の四女が,後見人である麻原控訴審の弁護人を解任し,ジャーナリストの江川紹子氏を新たに後見人に選任するよう,さいたま家裁越谷支部に申立て。
8月30日(水)
  • 公安調査庁は,オウム真理教・福岡施設に対する立入検査を実施(福岡県)。
  • 東京高裁は,薬事法違反と詐欺の罪に問われ,1審で有罪判決(懲役2年6月,罰金200万円)を受けたオウム真理教元東京道場責任者・井上崇に対して,被告側の控訴を棄却。
8月31日(木)
  • イランの核開発問題に関し,国連安保理決議(7月31日採択)が求めた,ウラン濃縮活動停止期限が終了。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。