フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2007年3月

最近の内外情勢 2007年3月

3月  3日(土)
  • 右翼団体が,東京都で開催された朝鮮総聯主催の「在日本朝鮮人中央大会」をめぐり,抗議活動を実施(東京都)。
  • 朝鮮総聯が,我が国の対北朝鮮措置及び一連の家宅捜索に抗議する集会(在日朝鮮人中央大会)を日比谷公園大音楽堂で開催。
3月  6日(火)
  • イラク・バグダッド南方のヒッラで自爆テロが発生。同テロは,イスラム教シーア派の宗教行事(アルバイン)のため,同派の聖地カルバラに向かう巡礼者を狙ったものとみられ,死者は100人以上,負傷者は200人以上。
3月  8日(木)
  • オウム真理教信徒・上祐史浩(正大師)が,記者会見で,同人ら信徒65名が3月7日付けで「宗教団体アーレフ」に脱会届を提出したことを発表。
3月14日(水)
  • パレスチナ和平に関し,日本,イスラエル,ヨルダン及びパレスチナの4者による閣僚級会合が東京で開催。同会合では,パレスチナ支援策の一環として,我が国が提唱した「自由と繁栄の回廊」構想(ヨルダン渓谷の開発構想)の実現に向けて協議。
3月15日(木)
  • 共産党が,「いまこそ人間らしく働けるルールを-日本共産党の緊急提案」を記者会見で発表し,長時間労働是正や最低賃金引上げなどを要求。
3月17日(土)
  • 共産党系や過激派系団体などが,イラク開戦4周年に当たり,「イラクからの自衛隊撤退」や「改憲反対」などを訴える集会・デモを実施(~21日,全国各地)。
3月19日(月)
  • 第6回6者協議が開催(~22日,北京)。同協議においては,マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)に凍結されている北朝鮮関連資金の送金問題で難航し,休会。
3月22日(木)
  • 公安調査庁は,オウム真理教・北越谷施設に対する立入検査を実施(埼玉県)。
  •   さいたま家裁が,オウム真理教代表・麻原彰晃こと松本智津夫の四女の未成年後見人を麻原控訴審の弁護人からジャーナリストの江川紹子に変更する決定。
3月25日(日)
  • 三里塚芝山連合空港反対同盟北原派が,支援の過激派とともに,「東峰の森  伐採阻止」などを掲げた「全国総決起集会」を開催(千葉県)。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。