フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2007年12月

最近の内外情勢 2007年12月

12月 2日(日)
  • 右翼団体が,「北京オリンピックボイコット」などを訴える集会・デモを実施(大阪)。
12月11日(火)
  • アルジェリアの首都アルジェの最高裁判所及び国連機関事務所の2か所で,連続爆弾テロが発生。国連職員を含む30人以上が死亡。
12月13日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・南烏山施設に対する立入検査を実施(~14日,東京)。
12月19日(水)
  • 共産党系団体や過激派系団体などが,米軍座間基地における米陸軍司令部の改編に際して,同基地周辺で抗議活動を実施(神奈川)。
  • 韓国で大統領選挙。即日開票の結果,野党ハンナラ党の李明博候補が当選。
12月23日(日)
  • 右翼団体が,天皇誕生日の皇居一般参賀や奉祝街宣活動を実施(東京)。
12月27日(木)
  • パキスタンの首都近郊のラワルピンディで,野党・パキスタン人民党(PPP)党首のブット元首相を狙った銃撃・自爆テロ事件が発生。ブット元首相を含む20人以上が死亡。
  • 福田総理が中国を訪問(~30日)。28日に,北京で胡錦濤主席,温家宝総理らと会談したほか,天津(29日)や孔子生誕の地とされる山東省曲阜(30日)を視察。
12月29日(土)
  • オウム真理教主流派及び上祐派が,それぞれ「年末年始集中セミナー」を開催(主流派:~1月6日,上祐派:~1月3日)。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。