フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2008年6月

最近の内外情勢 2008年6月

6月 1日(日)
  • 右翼団体が,中国の外交姿勢や北朝鮮による日本人拉致事件を批判する街宣活動を実施(福岡)。
  • 福田首相がドイツ,英国,イタリアを訪問(~5日)。イタリア滞在中の3日,国連食糧農業機関(FAO)主催の「世界の食料安全保障に関するハイレベル会合」で演説を行い,食料価格高騰問題について,北海道洞爺湖サミットで議論を行い,力強いメッセージを共同で発出する決意を表明。
6月 5日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・野田施設(千葉)及び吉川施設(埼玉)に対する立入検査を実施。
6月 7日(土)
  • 過激派などが,司法・内務大臣会合に対する反対行動を実施(東京)。
6月 8日(日)
  • 過激派が反対同盟と共に,「暫定滑走路北延伸粉砕」,「新誘導路建設阻止」などを訴える「6・8成田現地闘争」を実施(千葉)。
6月10日(火)
  • 尖閣諸島の南約10キロの日本領海内で,海上保安庁の巡視船「こしき」と台湾の遊漁船「聯合號」が接触し,遊漁船が沈没。乗員・乗客16人全員が救助。
6月11日(水)
  • 過激派などが,司法・内務大臣会合に対する反対行動を実施(東京)。
  • 北京で日朝実務者協議が開催(~12日)。北朝鮮側が,拉致問題の再調査の実施と,「よど号」関係者問題解決のため協力することを表明し,日本側が,対北朝鮮制裁措置の一部解除を表明。
  • 台湾の江丙坤海峡交流基金会理事長が訪中(~14日)。12日,中国の陳雲林海峡両岸関係協会会長と会談を行い,13日,中台を結ぶ直行チャーター便の週末運航と中国人観光客の受け入れ拡大に関する合意文書に調印。同日,胡錦濤国家主席が同理事長と会談。
6月12日(木)
  • 過激派などが,財務大臣会合(大阪)及び科学技術大臣会合(沖縄)に対する反対行動を実施(~15日)。
6月13日(金)
  • 「タリバン」武装勢力が,アフガニスタン・カンダハルの刑務所を襲撃し,囚人約1,000人を解放。
6月14日(土)
  • 右翼団体が,日中韓外相会議の開催に対し,韓国による竹島の不法占拠や中国の東シナ海ガス田開発を批判する街宣活動を実施(東京)。
  • 右翼団体が,「日本政府が対北朝鮮措置を一部解除の方針」との報道に対し,同方針を批判するとともに,北朝鮮による日本人拉致事件の解決を主張する街宣活動を実施(~15日,東京,兵庫,大阪,広島)。
6月15日(日)
  • 過激各派が,昭和35年6月15日の「日米安保条約改定阻止」闘争にちなみ,「6・15反安保闘争」を実施(東京,大阪など)。
  • 2007年10月,イラン南東部バム市で誘拐された邦人男子学生が解放。
6月17日(火)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・練馬施設(東京)に対する立入検査を実施(~18日)。
  • 中国の習近平国家副主席が訪朝(~19日)。18日,平壌で金正日総書記と会談。
6月18日(水)
  • 日中両国が,東シナ海におけるガス田共同開発に関する合意を発表。
6月22日(日)
  • 米軍岩国基地への空母艦載機部隊移駐計画に反対する共産党系団体などが,「米軍再編反対・沖縄・神奈川・岩国連帯シンポジウムin岩国」を開催(山口)。
6月23日(月)
  • 過激派などが,「首相の沖縄全戦没者追悼式出席反対」などを訴える「第25回国際反戦沖縄集会」を開催(沖縄)。
6月24日(火)
  • 海上自衛隊艦艇「さざなみ」が中国広東省湛江港に寄港(~28日)。自衛隊艦艇の中国訪問は初めて。
6月26日(木)
  • 北朝鮮が,中国外交部に対し,核問題をめぐる6者協議の合意に基づく核計画申告書を提出。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。