フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2009年12月

最近の内外情勢 2009年12月

12月8日(火)
  • 右翼団体が,「開戦記念日」に合わせ,「大東亜戦争の正当性」などを訴える集会・デモ行進や街宣活動,戦没者慰霊祭などを実施(北海道,東京,愛知など)。
  • ボズワース米特別代表(北朝鮮政策担当)が,訪朝(~10日)。姜錫柱第1外務次官,金桂官外務次官らと会談。
  • イラクの首都バグダッドで,内務省などの政府庁舎を標的とした連続爆弾テロが発生。少なくとも112人が死亡。
12月10日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・南烏山施設に対して立入検査を実施(東京)。
  • 中国の胡錦濤国家主席が,訪中した民主党の小沢一郎幹事長と北京の人民大会堂で会談。
12月14日(月)
  • 右翼団体が,習近平中国国家副主席の来日をとらえ,訪問先の東京,福岡で中国批判や来日に抗議する活動を実施(~16日)。
  • 中国の習近平国家副主席が,来日(~16日)。鳩山総理や岡田外相,与野党幹部などと会談。15日には,天皇陛下に謁見。
  • アイマン・アル・ザワヒリとされる者の録音声明が,ジハーディスト系ウェブサイトに掲載。同声明は,オバマ米大統領の中東政策などを批判。
12月17日(木)
  • 中国の温家宝総理が,国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)首脳級会合(コペンハーゲン)を前に鳩山総理と会談。
12月21日(月)
  • 朝鮮人民軍海軍司令部が,報道官声明を発表。国連軍が黄海上に設定した北方限界線(NLL)の無効を改めて主張し,北朝鮮が一方的に設定した海上軍事境界線の北側水域を「平時海上射撃区域」にすると宣言。
12月23日(水)
  • 右翼団体が,「天皇誕生日」に皇居での一般参賀や全国各地での奉祝街宣活動を行ったほか,天皇陛下と習近平中国国家副主席との会見をとらえた抗議活動を実施。
12月25日(金)
  • アムステルダム発デトロイト行きデルタ航空機内で,ナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドルムタラブによる爆破未遂事件が発生。同人は,デトロイト到着後,拘束。
12月26日(土)
  • オウム真理教主流派及び上祐派が,それぞれ「年末年始集中セミナー」を開催(主流派:12月26日~1月3日,同月30日~1月3日,上祐派:12月26日,27日,同29日~1月3日)。
12月27日(日)
  • 鳩山総理が,訪印(~29日)。29日にはインドのシン首相と首脳会談を実施し,日印の外務・防衛次官級による定期協議設置などを盛り込んだ行動計画を作成するなど,安全保障分野での協力強化を確認。
12月28日(月)
  • ロシアのラブロフ外相が,ロシアを訪問(27日~29日)した岡田外相と会談。両外相は,北方領土問題の解決に向けて今後も交渉を継続していくことで一致。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。