フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2010年1月

最近の内外情勢 2010年1月

1月1日(金)
  • 北朝鮮が,党・軍・青年組織機関紙による新年共同社説を発表。
  • パキスタン北西辺境州ラッキー・マルワット地域シャー・ハサンヘール村のバレーボール会場で,自動車による自爆テロが発生。約100人が死亡。
1月2日(土)
  • 右翼団体が,新年皇居一般参賀や新年を祝う街宣活動を実施(東京)。
1月4日(月)
  • 共産党が,党本部で「2010年党旗びらき」を開催。
  • 北朝鮮の最高人民会議常任委員会が,羅先市(咸鏡北道)を「特別市」にする政令を発表。
1月10日(日)
  • 三里塚芝山連合空港反対同盟北原派及び支援の過激派が,新年恒例の「旗開き」を開催(千葉)。
1月11日(月)
  • 北朝鮮外務省が,声明で,「朝鮮戦争の休戦協定を平和協定に替えるための交渉」開始を提案。
1月13日(水)
  • 共産党が,「第25回大会」を開催(~16日,静岡)。
1月15日(金)
  • 北朝鮮の国防委員会報道官が,声明を発表し,韓国政府が対北「非常統治計画」を策定したとの報道について,これを強く非難した上,「報復聖戦の開始」を警告。
1月16日(土)
  • 右翼団体が,民主党2010年度定期大会開催に合わせて各地で抗議活動を実施(宮城,東京,大阪など)。
1月17日(日)
  • 中国の楊潔外交部長が,岡田外相と都内で会談。日中関係全般について話し合われたほか,東シナ海資源開発問題や北朝鮮問題,気候変動問題等について協議。
1月19日(火)
  • 北朝鮮と韓国が,海外工業団地への合同視察(昨年12月)に対する評価会議を開催(~20日,開城)。
1月20日(水)
  • 北朝鮮の朝鮮大豊国際投資グループが,第1回理事会を開催(平壌)。理事長に金養建朝鮮アジア太平洋平和委員会委員長を選出。会議では,金正日国防委員長命令「朝鮮大豊国際投資グループの活動を保障することについて」,国防委員会決定「国家開発銀行の設立について」などを伝達。
1月21日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・生野施設及び大阪施設に対して立入検査を実施(大阪)。
1月22日(金)
  • 右翼団体が,「日教組第59次教育研究集会」(1月23~25日)に対し,会場周辺などで,抗議活動を実施(~24日,山形)。
1月25日(月)
  • イラクの首都バグダッド市内の3つのホテル近くで,自動車による自爆テロが発生。約40人が死亡。
  • 第7回日ロ戦略対話が,外務省飯倉公館において開催。ロシア側からはデニソフ第一外務次官,ベールィ駐日ロシア大使ほか,日本側からは藪中三十二外務事務次官,谷崎泰明欧州局長ほかが出席し,今後の日ロ関係や核軍縮・不拡散の促進などについて協議。
1月27日(水)
  • 朝鮮人民軍が,黄海の北方限界線(NLL)周辺海域に向け,海岸砲を発射。同日発表された朝鮮人民軍総参謀部報道は「年次的な射撃訓練」とした上で「訓練は今後も続けられる」と言及。28日,29日も同海域に向け海岸砲を発射。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。