フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2010年10月

最近の内外情勢 2010年10月

10月5日(火)
  • 菅人総理と中国の温家宝総理が,ブリュッセルで懇談。尖閣諸島に対する互いの立場や戦略的互恵関係などについて意見交換。
10月10日(日)
  • 三里塚芝山連合空港反対同盟北原派支援の過激派が,「全国総決起集会」を開催(千葉)。
  • 北朝鮮は,朝鮮労働党創建65周年に際し,金正日総書記・金正恩党中央軍事委員会副委員長出席の下,中央報告大会・アリラン公演(9日,メーデースタジアム),慶祝閲兵式・大慶祝夜会(10日,金日成広場)などの各種祝賀行事を開催。閲兵式には,訪朝中の周永康・中国共産党政治局常務委員(中央政法委書記)らが来賓として出席。
  • 黄長ヨプ(火ヘンに華)元朝鮮労働党書記がソウルの自宅で死亡しているのを警護員が発見。警察当局は死亡推定日時を9日午後3時過ぎと発表。韓国政府,同人に国民勲章(無窮花章)を授与(12日),国立大田顕忠院に埋葬(14日)。北朝鮮は同人の死去について「天罰」などと非難(14日)。
10月11日(月)
  • 北澤俊美防衛大臣と中国の梁光烈国防部長が,ベトナム・ハノイで懇談,戦略的互恵関係の推進が重要との認識で一致。梁部長は,「戦略的互恵関係回復」後,双方の都合が良い時期に北澤大臣の訪中を実施することを歓迎する旨発言。
10月12日(日)
  • 北朝鮮の金桂官第1外務次官が,訪中(~16日)。武大偉朝鮮半島問題特別代表らと会談し,6者協議再開などについて協議。北朝鮮外務省報道官は,16日,「我が方は6者協議再開の準備ができているが,米国を始め一部参加国が準備できていない状況で,忍耐強く引き続き努力することにした」などと表明。
10月13日(水)
  • 日米韓豪が,釜山でPSI(拡散に対する安全保障構想)海上阻止訓練「EasternEndeavor10」を実施(~10月14日)。
10月15日(金)
  • 中国共産党が,第17期中央委員会第5回全体会議を開催(~18日),「国民経済・社会発展第12次5か年計画の策定に関する建議」を審議・採択し,習近平国家副主席を党中央軍事委員会副主席に決定。
  • ロシア太平洋艦隊の大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」が,函館港に寄港。同艦訪問団は,函館市長,同市議会と海上自衛隊函館基地を訪問。
10月16日(土)
  • 中国の四川省成都,陝西省西安,河南省鄭州で,大規模な反日デモが発生,成都ではデモ隊が日系スーパーの店舗の窓ガラスを破壊。これ以降も中国各地で反日デモが継続的に発生。
10月17日(日)
  • 過激派が,「10.21国際反戦デー」の一環として,「辺野古新基地建設阻止」などを訴える集会・デモや街頭宣伝活動を実施(~24日,全国各地)。
10月19日(火)
  • チェチェン共和国の首都グロズヌイで,武装勢力が議会庁舎を襲撃し,20人が死傷。
10月23日(土)
  • アフガニスタン西部の国連事務所前で,「タリバン」の犯行とみられる自爆テロが発生したが,国連は日本人を含む国連職員への被害はない旨発表。
10月25日(月)
  • 北朝鮮は,中国人民志願軍朝鮮戦線参戦60周年に際し,金正日・金正恩出席の下,記念大衆大会(25日,平壌体育館)を開催。同大会には,訪朝中の郭伯雄・中国中央軍事委員会副主席らが出席したほか,金永春人民武力部長が報告を行い,「伝統的な朝中親善は永久不滅である」などと強調。
10月28日(木)
  • 右翼団体が,「韓国が竹島を実質的に不法占拠(警備隊を常駐)した日」として,各地で「竹島奪還」を訴える街宣活動などを実施(東京,宮城,大阪など)。
10月29日(金)
  • オバマ米大統領は,英国とアラブ首長国連邦の空港で,イエメン発の米・シカゴ宛て荷物から爆発物が見付かった旨発表すると共に,「アラビア半島のアルカイダ」(AQAP)が米領土への更なる攻撃を企図している旨強調。
10月30日(土)
  • 菅人総理と中国の温家宝総理が,ベトナム・ハノイで懇談。戦略的互恵関係を引き続き推進することを確認するとともに,今後正式な首脳会談を行うことで一致。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。