フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2011年7月

最近の内外情勢 2011年7月

7月2日(土)
  • オウム真理教上祐派が,「上祐代表説法会」を開催(神奈川)。
7月3日(日)
  • 共産党が,党本部において,第3回中央委員会総会(3中総)を開催(~4日,東京)。
  • 午前6時35分ころ,魚釣島北西約31キロの我が国接続水域内を中国の漁業監視船「漁政201」が航行しているのを海上保安庁が発見。その後,同監視船は,同日午前10時半過ぎに接続水域から離脱。東日本大震災後に尖閣諸島近海への中国公船の派遣が確認されたのは初めて。
7月4日(月)
  • 松本剛明外務大臣が,中国の楊潔?外交部長と北京で会談,2012年の日中国交正常化40周年に向けた交流や東シナ海資源開発に関する国際約束締結交渉の早期再開などについて意見交換。
  • ロシアのナルイシキン大統領府長官が来日し,菅直人総理を表敬したほか,枝野幸男内閣官房長官と会談。
7月7日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・足立入谷施設,新保木間施設及び保木間施設に対して立入検査を実施(東京)。
足立入谷施設立入検査状況(7月7日)
足立入谷施設立入検査状況(7月7日)
7月9日(土)
  • 朝鮮総聯が,中央委員会第22期第2回会議を開催(東京・朝鮮中央会館)。活動家に対する思想教育の強化,故金日成主席誕生100周年(2012年)記念活動への取組などを決定。
7月11日(月)
  • 北朝鮮オリンピック委員会代表団(団長:孫光浩体育省次官)が来日(~15日)。同代表団3人は,13日に来日した張雄国際オリンピック委員会(IOC)委員ら2人とともに,「第30回アジア・オリンピック評議会(OCA)総会」(14日,東京)に出席。
7月12日(火)
  • アフガニスタン南部のカンダハール州都カンダハール市内において,同国のカルザイ大統領の異母弟で,同州議会議長のアフマド・ワリー・カルザイが,自宅で警備員によって射殺。
7月13日(水)
  • インド西部ムンバイ市内の3か所において爆発が発生し,18人が死亡,約130人が負傷した模様。犯行声明は発出されていないものの,インド当局はテロリストによる攻撃との見方を示唆。
7月14日(木)
  • 米国国防総省が,サイバー攻撃から国内コンピュータ・ネットワークを防衛するための新戦略「サイバー空間における作戦のための戦略」(DepartmentofDefenseStrategyforOperatinginCyberspace)を公表。
7月17日(日)
  • アフガニスタン中央部のバーミヤン州において,国際治安支援部隊(ISAF)がアフガニスタン側へ治安権限を移譲。24日までに,南部ラシュカルガー市,北部マザリシャリフ市,中央部パンジシール州など第一段階として指定された7地域で権限移譲を完了。
7月18日(月)
  • 三里塚芝山連合空港反対同盟北原派支援の過激派が,「現闘本部破壊実力阻止」,「第3誘導路建設阻止」などを訴える「7・18現地緊急闘争」を実施(千葉)。
7月21日(木)
  • 2010年9月に起きた中国漁船衝突事件の中国人船長詹其雄に対し,那覇地検が公務執行妨害などの容疑について不起訴としたことに関し,那覇検察審査会が「起訴相当」と議決。22日,中国の馬朝旭外交部報道官が,記者会見で「日本側が中国人船長に対して執る司法手続は違法で無効」と発言。
7月22日(金)
  • 北朝鮮と韓国の6者協議首席代表が会談(インドネシア・バリ島)。北朝鮮側は李容浩外務次官,韓国側は魏聖洛外交通商部朝鮮半島平和交渉本部長。朝鮮半島の非核化実現と6者協議再開に向け努力することで合意。
  • ノルウェー首都オスロの首相官邸などが入った政府庁舎付近で爆発があり,8人が死亡。その後,オスロ郊外のウトヤ島で与党・労働党の青年セミナー参加者らに対する銃乱射事件が発生し,68人が死亡。ノルウェー警察は,両事件に関与したとして,極右思想に傾倒するノルウェー人男性アンネシュ・ブレイビク容疑者(32歳)を逮捕。
7月24日(日)
  • 米国のクリントン国務長官が,訪問中のインドネシアで声明を発出し,北朝鮮の金桂官第一外務次官を米国に招き,中断している6者協議の再開に向けた予備協議を開くと表明。
7月28日(木)
  • 北朝鮮の金桂官第一外務次官と米国のボズワース北朝鮮政策担当特別代表らが,北朝鮮の核問題について協議(~29日,ニューヨーク)。米朝双方が核問題,6者協議再開に向けた基本的立場を表明。なお,米国国務省は,29日の協議終了後,今回の協議結果が建設的かつ実務的であったと評価し,6者協議再開に向けた北朝鮮の行動を促す旨の声明を発表。
7月29日(金)
  • 国連安全保障理事会の「アルカイダ及びタリバン制裁委員会」が,パキスタンのイスラム過激組織「パキスタン・タリバン運動」(TTP)を資産凍結や渡航禁止などの制裁対象団体に追加指定したと発表。
7月31日(日)
  • 中核派中央派が,「革共同政治集会」を開催(東京)。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。