フロントページ > 公安調査庁紹介 > 動画 > いわゆるオウム真理教問題の啓発のためにYouTube広告を配信します

いわゆるオウム真理教問題の啓発のためにYouTube広告を配信します

2021年3月1日 更新

 本年3月20日(土)で,地下鉄サリン事件の発生から26年を迎えます。公安調査庁では,オウム真理教事件の風化の防止を図るとともに,いわゆるオウム真理教問題に関する啓発をより一層強化するため,本年3月1日(月)から同年3月31日(水)の間,YouTubeにインストリーム広告を出します。
 同広告では,札幌,東京,金沢などの,いわゆるオウム真理教の拠点施設を擁する全国10地域において,啓発動画「あのテロ事件から四半世紀~今も変わらないオウム真理教~」を配信する予定です。
 この広告により同動画を一人でも多くの方にご覧いただくことで,同問題についての認知拡大及び啓発の推進を行いたいと考えております。

※同広告で配信される動画はこちら



公安調査庁YouTube公式チャンネルでご覧いただけます。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧2020
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。