本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > その他会議 > 法教育研究会の今後の進め方について(案)

法教育研究会の今後の進め方について(案)

資料3

1  個別に検討・研究すべき課題(案)

(1)我が国における法教育の実践例について
(2)諸外国における法教育の実情について
(3)法教育における消費者問題,民事的紛争の取扱いについて
(4)法教育における今日の社会的問題(例えば,いじめ・非行等)の取扱いについて
(5)その他

2  法教育研究会の進め方(案)

(1)平成15年9月~同年12月ころ(5回程度開催)
 1の各課題について関係者からの意見聴取等を行った上,討議を行い,論点を整理する。
(2)平成16年1月ころ~(8回程度開催)
 論点に関する討議等を行う。
(3)平成16年11月ころを目途に取りまとめを行う。
ページトップへ