本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法教育Q&A

法教育Q&A

 法教育研究会が作成した4つの教材例を用いて,法教育を実践する方法や工夫,留意点等をQ&A形式でわかりやすく解説。

Q&A集

法教育教材

お問い合わせ先

法務省大臣官房司法法制部司法法制課
TEL   03-3580―4111(内線2385)
E-mail housei06@moj.go.jp
ページトップへ