本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
法制審議会 - 民法(債権関係)部会 > 法制審議会民法(債権関係)部会第8回会議(平成22年4月27日開催)

法制審議会民法(債権関係)部会第8回会議(平成22年4月27日開催)

議題

 民法(債権関係)の改正に関する検討事項について

議事概要

 部会資料10-1に基づき,民法(債権関係)の改正に関する検討事項について,審議がされた(具体的な検討事項は以下のとおり)。

 1 弁済   

   総論,弁済の効果,第三者による弁済,弁済として引き渡した物の取戻し,債権者以外の第三者に対する弁済,代物弁済,弁済の内容に関する規定,弁済の充当,弁済の提供,弁済の目的物の供託(弁済供託),弁済による代位

 2 相殺

   総論,相殺の要件,相殺の方法及び効力,不法行為債権を受働債権とする相殺,支払の差止めを受けた債権を受働債権とする相殺の禁止,相殺権の濫用 

 3 更改

   総論,更改の要件の明確化,更改による当事者の交替の要否,旧債務が消滅しない場合の規定の明確化

 部会資料10-1記載の検討事項のうち,「第4 免除及び混同」及び「第5 決済手法の高度化・複雑化への民法上の対応の要否(多数当事者間の決済に関する問題について)」は,後日審議することとされた。

                                                          

議事録等

 議事録(TXT版 PDF版


 資 料  

  部会資料10-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(5)

  部会資料10-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(5)詳細版

  委員等提供資料  公益社団法人経済同友会「民法(債権関係)改正に関する意見書-より良い経済社会の基盤となる債権法の実現に向けた国民的議論を-」(20104月)(添付省略)

       法制審議会民法(債権関係)部会委員等名簿

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ