本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 省議・審議会等 > 審議会 > 法制審議会 - 民法(債権関係)部会 > 法制審議会民法(債権関係)部会第10回会議(平成22年6月8日開催)

法制審議会民法(債権関係)部会第10回会議(平成22年6月8日開催)

議題等

 民法(債権関係)の改正に関する検討事項について

議事概要

 部会資料12-1に基づき,民法(債権関係)の改正に関する検討事項について,審議がされた(具体的な検討事項は以下のとおり)。

 1 法律行為に関する通則

   総論,法律行為の効力,法令の規定と異なる意思表示,任意規定と異なる慣習がある場合

 2 意思能力

   要件(意思能力の要件),効果

 3 意思表示

   総論,心裡留保,虚偽表示,錯誤,詐欺又は強迫,意思表示に関する規定の拡充,意思表示の到達及び受領能力

議事録等

 議事録(TXT版 PDF版

 資 料
  部会資料12-1 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(7)
  部会資料12-2 民法(債権関係)の改正に関する検討事項(7)詳細版
  委員等提供資料  日本司法書士会連合会
            「消費者の視点から見た論点の提示」(平成2268日)(添付省略)
           平成19年度消費者契約における不当条項研究会
            「平成19年度消費者契約における不当条項研究会報告書」(平成203月)(添付省略)
  法制審議会民法(債権関係)部会委員等名簿

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ