本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > 過去の審議会等 > 過去の審議会 > 終了済みの部会(刑事法系) > 法制審議会少年法(触法少年事件・保護処分関係)部会第5回会議(平成17年1月7日開催)

法制審議会少年法(触法少年事件・保護処分関係)部会第5回会議(平成17年1月7日開催)

議題等

 少年の保護事件に係る調査手続等の整備について

議事概要

 要綱(骨子)全体に関して二巡目の審議に入り,各事項について個別に議論が行われた。
 また,事務当局から,公的付添人制度に関する骨子案(下記)が提出され,説明が行われた後,同骨子案について議論が行われた。

 次回は1月21日(金)に開催。



原文は縦書き

(骨子)案

 少年法第二十二条の二第一項に掲げる罪の事件について,同法第十七条第一項第二号の措置がとられている場合に,家庭裁判所が,職権で,少年に弁護士である付添人を付すことができる制度を導入すること。

議事録等

 議事録の入手を希望する方は,次の部分をクリックしてください。(ダウンロードしたテキストファイルを閲覧・印刷する際,一部のソフトでは文字化けを生ずることがあります。)

議事録

 復元(解凍)には専用のプログラムが必要です。
ページトップへ