本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
法制審議会 - 民法(債権関係)部会 > 法制審議会民法(債権関係)部会第4回会議(平成22年2月23日開催)

法制審議会民法(債権関係)部会第4回会議(平成22年2月23日開催)

議題等

 民法(債権関係)の改正に関する検討事項について

議事概要

 部会資料5-1(第3回会議で配布)に基づき,民法(債権関係)の改正に関する検討事項について,審議がされた(具体的な検討事項は以下のとおり)。

 1 契約の解除

   総論,債務不履行解除の不履行態様等に関する要件の整序,「債務者の責めに帰することができない事由」の要否,債務不履行解除の効果,解除権者の行為等による解除権の消滅,複数契約の解除

 2 危険負担

   総論,債権者主義の適用範囲の限定,債務不履行解除と危険負担との関係

 3 受領遅滞

   総論,効果の具体化・明確化,損害賠償請求及び解除の可否

 4 その他の新規規定

   追完権,第三者の行為によって債務不履行が生じた場合における債務者の責任,代償請求権

議事録等

 議事録(平成22年5月14日訂正)(TXT版 PDF版
 

 資 料

  委員等提供資料  大阪弁護士会「実務家からみた民法改正-『債権法改正の基本方針』に対する意見書」(別冊NBL131号)(添付省略)

           山野目章夫「填補賠償の賠償額算定基準時に関する考え方」(2010217日)(添付省略)

  会議用資料    法制審議会民法(債権関係)部会委員等名簿
ページトップへ