本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > 過去の審議会等 > 平成13年1月5日までの審議会情報 > 矯正保護審議会(平成13年1月5日までの審議会情報) > 矯正保護審議会第33回総会(平成9年11月25日開催)

矯正保護審議会第33回総会(平成9年11月25日開催)

平成9年11月25日
担当:法務省矯正局・保護局

議題

 会長の選任,各部会に属すべき委員及び幹事の指名,部会長の選任等

議事概要

 会長の選任,会長代理の指名,各部会に属すべき委員及び幹事の指名,各部会長の選任及び各部会長代理の指名が行われた後,今後の審議の参考とするため,矯正局長から,「矯正施設における収容状況」,「保安警備体制の充実強化」,「少年院運営の充実及び適正化」,「矯正施設の整備状況」並びに「監獄法の改正等」について,また,保護局長から,「仮釈放」,「保護観察」,「更生保護法人及び更生保護施設」,「犯罪予防活動,特に“社会を明るくする運動”の実施状況」,「保護司制度改正の検討」並びに「恩赦」について,それぞれ説明が行われた。
 続いて,担当幹事等から,諮問事項「犯罪者の社会復帰を図るために最も適切な方法如何」に関する審議経緯の説明及び平成8年度総会以降に行われた各部会等審議状況の報告が行われたことを受けて,会長から,同諮問事項については昭和42年以来審議を重ねてきたが,犯罪や非行の質が時代とともに変化してきていること,問題が多方面にわたっていることなどのため,いまだ最終的な結論を見るに至っておらず,引き続き諮問の趣旨に沿って,当面配慮すべき事項を審議したい旨の発言があり,同諮問事項を継続審議することとなった。
ページトップへ