本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > 過去の審議会等 > 平成13年1月5日までの審議会情報 > 矯正保護審議会(平成13年1月5日までの審議会情報) > 矯正保護審議会第51回更生保護部会(平成10年7月7日開催)

矯正保護審議会第51回更生保護部会(平成10年7月7日開催)

平成10年7月7日
担当:法務省保護局

議題

 凶悪事件を起こした少年に対する処遇の充実強化策

議事概要

 現在,凶悪な少年非行の続発が大きな社会問題となっており,政府としてもこれに総合的に取り組むため,内閣総理大臣が関係審議会の代表者等の参集を求め,本年3月から「次代を担う青少年について考える有識者会議」を開催しているところ,当審議会では,同会議における認識や意見を踏まえ,少年の保護観察対象者に対する処遇の充実強化策について審議を進めることが要請されていることから,標記審議事項について審議を行った。
 当部会の開催に先立ち,法務省保護局において,全国の地方更生保護委員会委員,保護観察官及び保護司等に対し,最近の少年非行の傾向やその原因等に関するアンケート調査を実施しており,当部会では,この調査結果を審議資料として,これに対する質疑応答や意見交換等がなされた。
 本審議題は継続審議とされ,次回9月18日に開催予定の同部会において,今回の意見等を踏まえ,少年の保護観察対象者に対する処遇の充実強化策に関するより具体的な審議を行うこととされた。
ページトップへ