本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > 過去の審議会等 > 平成13年1月5日までの審議会情報 > 矯正保護審議会(平成13年1月5日までの審議会情報) > 矯正保護審議会第39回矯正部会(平成10年7月7日開催)

矯正保護審議会第39回矯正部会(平成10年7月7日開催)

平成10年7月7日
担当:法務省矯正局

審議題

 凶悪事件を起こした少年に対する処遇の充実強化策

審議内容

 審議に先立ち,矯正局長から「矯正局作成の冊子『現代の少年非行を考える-少年院・少年鑑別所の現場から-』について及び凶悪事件の増加といった少年非行の動向にいち早く対応し,昨年9月に改正した通達の運用について,それぞれ御審議を賜りたい」旨の提案趣旨説明が行われた。
 続いて,担当幹事が審議資料の説明を行った後,冊子の構成とその内容,凶悪事件を起こした少年の処遇の在り方について活発な審議が行われた。
 審議の過程で,多くの委員から非行少年を改善更生させようとする少年院の地道な努力に対する高い評価が示されるとともに,青少年の処遇に戸惑う親や教師の一助とするため,本冊子の公表を考慮すべきであるとの提言がなされた。
 なお,同日,引き続き第51回更生保護部会が開催された。
ページトップへ