本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > 過去の審議会等 > 平成13年1月5日までの審議会情報 > 矯正保護審議会(平成13年1月5日までの審議会情報) > 矯正保護審議会第34回総会(平成10年11月24日開催)

矯正保護審議会第34回総会(平成10年11月24日開催)

平成10年11月24日
担当:法務省矯正局・保護局

議題

1 次代を担う青少年について考える有識者会議に対する提言について
2 矯正局及び保護局所管事項について

議事概要

 最初に,審議事項(1)について,「次代を担う青少年について考える有識者会議」からの要請に基づき,本年7月以降,矯正部会及び更生保護部会において審議を行ってきた「凶悪事件を起こした少年に対する処遇の充実強化策」につき,両部会における議論を踏まえた総合的な審議が行われ,活発な意見交換がなされた。そして,これまでの両部会における議論及び本総会で検討された内容を取りまとめ,矯正保護審議会の最終的な審議結果として,同有識者会議に報告を行うこととされた。
 次に,審議事項(2)について,今後の審議の参考とするため,矯正局及び保護局の所管事項及び最近の両局の動向について説明が行われ,矯正局長から,「矯正施設における収容状況」,「保安警備体制の充実強化」,「少年院運営の充実」,「矯正施設の整備状況」及び「監獄法の改正等」について,また,保護局長から,「仮釈放」,「保護観察」,「更生保護法人及び更生保護施設」,「犯罪予防活動,特に“社会を明るくする運動”の状況」,「民間協力組織の動向」及び「恩赦」について,それぞれ説明がなされた。

報告等

 諮問事項に関する審議経緯及び昨年の総会後の各部会の審議状況について報告等がなされた。
ページトップへ