検索

検索

×閉じる

令和3年6月25日

臨時事務補助職員(上級システムアドバイザー(CIO補佐官))募集について

法務省大臣官房秘書課では,以下の非常勤職員を募集しています。

募集

臨時事務補助職員(上級システムアドバイザー(CIO補佐官))

採用予定課室

【法務省大臣官房秘書課政策立案・情報管理室】
大臣官房秘書課政策立案・情報管理室では,法務省の情報システムの整備及び管理に関する事務等を行っています。

業務内容

 法務行政においては国民の取引の安全と円滑に資する登記制度に関する業務,国民の国籍及び身分関係を公証する戸籍制度に関する業務,国家社会の治安維持を目的とする捜査・公判・刑の執行等に関する検察業務,矯正施設における被収容者の処遇に関する業務,更生保護に関する業務,出入国在留管理業務や破壊的団体の規制に関する調査・処分請求等に関する公安調査庁の業務など,広範な分野を所管しており,これらの業務を行う上で必要となる情報システムを整備しています。

 法務行政は,いずれも国民の取引の安全や生命及び身体を守るために必要不可欠なものであり,法務省においては,これまで様々な施策を通じて国民の利益に寄与してきたところですが,データの利活用等による更なる国民の利便性向上に向けたサービスの見直しを行う必要性に鑑み,システム刷新等のプロジェクトを進めているところです(御参考に次の資料等も参照ください。)。
 
「法務省デジタル・ガバメント中長期計画」(https://www.moj.go.jp/hisho/jouhoukanri/hisho09_00067.html
 
 このプロジェクトを完遂するために,法務省内にPMOやプロジェクトチームを組織して,職員が一丸となって取り組んでいるところです。このような大規模プロジェクトにおいて,リスクを未然に防止し,発生する課題に適切に対処するためには,一緒に働いてくださる,豊富な経験と高度な知見をお持ちの情報システム開発の専門家が不可欠です。
 
 ここで募集する上級システムアドバイザー(CIO補佐官)には,特に高い専門的かつ技術的な知識と経験が要求される以下の業務に参画いただきます。

・法務省における情報システムの整備・運用事業(法務省内の個別プロジェクト等)の推進に関する業務(企画・実施・調整・評価等)
・法務省における情報システム調達に関する業務
・ITガバナンス・ITマネジメントの推進,IT人材の育成,技術情報に関する調査等
・その他,法務省の行政情報化に関する業務
 

募集人数

1名

勤務条件

・週3日,1日7時間45分勤務(9:30~18:15)
・休日:土曜日,日曜日,祝日法に基づく休日及び年末年始
※一定の条件を満たした場合,年次休暇等あり
・日給:40,340~59,140円(資格経験等を考慮して決定)
・諸手当:交通費別途支給(支給要件有り)
・健康保険,厚生年金保険,雇用保険完備
・賞与:勤務期間等を考慮の上支給
・勤務地:法務省庁舎(東京都千代田区霞が関一丁目1番1号)

任用予定期間

令和3年9月1日~令和4年3月31日(実績等を評価の上,任期更新の可能性あり)
※採用の日から起算して1か月間は条件付採用期間となります。

求める人材(応募資格)

(1)採用形態
 国家公務員法(昭和22年法律第120号)に基づき,非常勤の国家公務員として採用します。
 また,採用になった場合は法務省担当のCIO補佐官(非常勤職員)として併せて任用されます。

(2)身分
 国家公務員法の適用を受けます(国家公務員としての守秘義務,職務専念義務等が課せられます。兼業規制は課せられません。)。

(3)応募の条件
 以下イ~二に該当する場合には採用できません。
 また,上記に加え,以下の(i)又は(ii)のいずれかを満たし,かつ(iii)を満たしていることを応募の条件とします。

イ  日本国籍を有しない者
ロ  国家公務員法第38条の規定により国家公務員になることができない者
ハ 応募を行おうとする者が所属している民間企業等において,応募を行う日前2年以内に企業又はその役員若しくは役員であった者が,当該民間企業等の刑事事件に関し起訴された場合又は行政上の不利益処分(許認可等の取消し,業務停止命令,役員の解任命令等)を受けた場合。
二 応募を行おうとする者が,法務省において,情報システム関係の契約(システム化計画の策定支援(システム導入計画に基づくシステム設計・開発に係る仕様書・提案依頼書の作成支援等を含む。),システム化計画に基づくシステム設計・開発の工程管理支援及びシステム設計・開発,システム導入計画に基づくシステム運用,システム化対象業務・システムに係るシステム監査等,システム化に係る業務)を締結している事業者等,これらの契約の申込みをしている事業者等及びこれらの契約の申込みをしようとしていることが明らかである事業者等に所属する場合。
 
(i)ITスキル標準(ITSS)のコンサルタント,ITアーキテクト,プロジェクトマネジメントのいずれかの分野で,レベル6相当以上の専門知識を有し
 ていること。
(ii)情報システムユーザースキル標準(UISS)のビジネスストラテジスト,ISストラテジスト,プログラムマネージャー,ISアーキテクトのいずれか
 の分野において,レベル6相当以上の専門知識を有していること。
(iii)「CIOのための知識体系」に基づく評価において業務に必要な経験及び知識を有していること。

応募方法

以下の書類を下記書類提出先まで御提出ください。

提出書類

次の(1)~(3)の書類各1通を下記書類提出先まで御郵送ください。

(1)履歴書
 履歴書(市販のもので可)に必要事項を記入の上,6か月以内に撮影したカラー写真を添付し,下記提出先まで御郵送ください。
(2)過去の業務経歴一覧
 これまでの職歴を主な担当業務の内容とともに時系列で記入してください(様式不問,別紙可)。
(3)「CIO自己評価シート」
 「CIO自己評価シート」は,こちら(Excel)からダウンロードの上,作成してください。
 なお,自己評価シートの作成方法については,PDF形式で掲載している記載例や使用方法を御覧ください。
 また,「求める人材(応募資格)」にスキルや知識の記載がある場合は,御自身の状況についてなるべく多く記入してください。
CIO自己評価シート
CIO自己評価シート(記載例)

 

書類作成上の注意

・書類は,全てA4サイズ・片面印刷とし,ステープラー止めをしないでください。
・必ず写真を貼付してください。
・必ず連絡可能な電話番号及びパソコンのメールアドレスを記載してください。
・履歴書左上に「上級システムアドバイザー(CIO補佐官)希望」と記載してください。
※応募書類については,採用選考以外の目的に使用することはありません。

応募締切

令和3年7月8日(木)(必着) (原則郵送)

選考方法

(1)第1次選考(書類選考)
(2)第2次選考(面接選考)
(3)第3次選考(面接選考)
 第3次選考までを順次7月中(予定)に実施します。また,第2次選考及び第3次選考の詳細は,第1次選考合格者,第2次選考合格者に対しそれぞれ御連絡します。
第1次選考及び第2次選考不合格者に対しては,書面でその旨連絡します(なお,送付いただいた履歴書等を返却いたします。)。

連絡先

・書類提出先及び勤務条件に関するお問合せ先
 〒100-8977
 東京都千代田区霞が関一丁目1番1号
 法務省大臣官房秘書課政策立案・情報管理室 管理係
 電話:03-3580-4111 (内線2066)

・応募資格・業務内容等に関するお問合せ先
 法務省大臣官房秘書課政策立案・情報管理室 情報政策係
 電話:03-3580-4111 (内線2061,2064)