検索

検索

×閉じる

法務大臣閣議後記者会見の概要

令和2年3月13日(金)

 今朝の閣議においては,法務省案件として,国家公務員法等の一部を改正する法律案,戸籍法の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令がそれぞれ閣議決定されました。また,主意書に対する答弁書が1件ございました。

大臣の国会における答弁に関する質疑について

【記者】
 大臣は12日,安倍首相と面会し,東日本大震災の発生当初,勾留中の被疑者を検察官が「理由なく釈放して逃げた」などと語った答弁について厳重注意を受けましたが,大臣は個人的見解として,検察官が逃げたと考えているのか,また今後の進退についてのお考えも改めてお聞かせください。

【大臣】
 御指摘の3月9日の参議院予算委員会における私の答弁は,私自身,いわき市出身の議員として,当時の地元の声や地元の方々の不安な気持ちを思い起こし,個人的見解として述べてしまったものですが,検察庁を所管する法務大臣として,検察の活動について,個人的見解を述べたことは誠に不適切だと真摯に反省し,答弁を撤回いたしました。改めて深くおわびを申し上げます。
 私は,今回述べてしまった個人的見解の内容について,法務大臣として再度言及することは,差し控えさせていただきます。

【記者】
 今後の進退についてはお考えいかがでしょうか。

【大臣】
 今後,国会等において,なお一層誠実かつ丁寧に答弁し,御説明を行い,法務大臣の職責を果たしてまいります。
(以上)