利用者情報の修正・変更等

認証ID・パスワード・メールアドレス

〇パスワードの有効期間は、パスワードを設定又は最後に変更した日から1年間となります。

〇パスワードの有効期限の30日前及び7日前にメールでお知らせしますので、有効期限が切れる前にパスワードを変更してください。
 有効期限が切れるとシステムにログインすることができなくなります。

〇パスワード又はメールアドレスを変更する場合は、システムの利用者情報画面から変更してください。

〇認証IDやパスワードを忘れてしまった場合やパスワードの有効期限が切れてしまった場合は、それぞれ次のとおり確認又は再設定することが可能です。

 

認証IDを忘れた場合

〇利用者本人が次のいずれかの地方入管の窓口に、「在留申請オンラインシステム認証I D ・パスワード確認等申出書」(別記第15号様式)を提出又は郵送してください。
 ・利用者情報登録を行った利用者 → 利用者の住居地等(弁護士・行政書士は事務所の所在地)を管轄する地方入管(出張所も含みます。)
 ・利用申出の承認を受けた利用者 → 新規又は追加利用申出を行った地方入管(出張所を含みます。)

〇認証IDの確認ができましたら、メールによりお知らせします。

パスワードを忘れた・有効期限が切れた場合

〇ログイン画面上の「パスワードを忘れた場合」をクリックし、認証ID及びメールアドレスを入力すると、利用者の方のメールアドレスにパスワード再設定のためのメールが送信されますので、パスワードを再設定してください。

利用者情報の変更

〇以下(1)~(4)に変更があった場合は、「在留申請オンラインシステム利用者情報変更届出」(所属機関の職員の方の場合は別記第17号の1様式。届出済弁護士・行政書士の方、公益法人職員の方又は登録支援機関職員の方の場合は別記第17号の2様式。)及び変更後の情報が確認できる資料(パンフレット等)を、次のいずれかの地方入管に郵送又は窓口への持参により提出してください。
(1) 所属機関の名称・所在地・電話番号
(2) 法人の商号・本店所在地・法人番号
(3) 利用者の氏名・電話番号
(4) 利用者の事務所等の名称・所在地(所属機関の職員の方を除く。)


〇郵送する場合は、封筒の表面に「オンラインシステム利用者情報変更届出在中」と記載してください。


【提出先】
・利用者情報登録を行った利用者 → 利用者の住居地等(弁護士・行政書士は事務所の所在地)を管轄する地方入管(出張所も含みます。)
・利用申出の承認を受けた利用者 → 新規又は追加利用申出を行った地方入管(出張所を含みます。)

利用者の離職

〇利用者が離職した場合は、速やかに、利用申出を行った地方入管に郵送又は窓口への持参により「離職報告書」(別記第11号様式)を提出してください。

〇郵送の場合には、封筒の表面に「オンライン関係提出書類」と記載してください。

〇手続が完了した場合には、所属機関宛てに通知書を送付するとともに、利用者の方に認証IDの抹消が完了したことをお知らせするメールを送信します。

利用者情報の修正

〇以下の情報については、利用者自身がオンラインシステムの利用者情報更新画面から変更してください。
 詳細は、操作マニュアルをご確認ください。
 (1)住居地(利用者情報登録を行った利用者のみ  )
 (2)利用者連絡先(利用者情報登録を行った利用者のみ)
 (3)パスワード
 (4)メールアドレス
 (5)申請等取次者証明書番号(利用者情報登録を行った利用者のうち、弁護士・行政書士のみ)


 ※利用申出の承認に係るメールが届かないなど、認証IDを把握する前に上記の情報を変更したい場合は、オンラインシステムにログインできないため、変更後の情報を電話や任意の書面により、地方入管に連絡してください。

pdf書類をご覧になる場合は、Adobe Reader別ウィンドウで開くが必要です。
正しく表示されない場合は、最新バージョンをご利用ください。

ページトップ