利用者情報登録について

出入国在留管理庁電子届出システム

このサイトは,出入国管理及び難民認定法(以下「法」といいます。)上の届出をオンラインで行うシステムのご案内を目的として出入国在留管理庁が運営しています。

  • 出入国在留管理庁電子届出システムとは
  • 利用者情報登録
  • よくある質問(Q&A)操作マニュアル
  • よくある質問(Q&A)操作マニュアル
  • よくある質問(Q&A)操作マニュアル
  • 利用規約
  • 利用環境
  • お問い合わせ先
  • 出入国在留管理庁電子届出システム

出入国在留管理庁電子届出システムの利用者情報登録等について


1 利用者情報登録
(1)中長期在留者は,出入国在留管理庁電子届出システムにアクセスしてオンラインで利用者情報登録ができます。
(2)法第19条の17に定める中長期在留者を受け入れている所属機関,日本語教育機関,特定技能所属機関及び登録支援機関(以下
「所属機関等」という。)の担当者は,以下のとおり窓口で又は郵送により手続を行う必要があります。

・窓口による場合
次の利用者情報登録届出書を,所属機関等の所在地を管轄する地方出入国在留管理官署の窓口で提出してください。
その際,提出者が所属機関等の職員であることを確認できる資料(職員証,申請等取次者証明書等)を提示してください。
利用者情報登録届出書 【PDF】 【EXCEL】

・郵送による場合
次の利用者情報登録届出書を,所属機関等の所在地を管轄する地方出入国在留管理官署に郵送で提出してください。
その際,提出者が所属機関等の職員であることを確認できる資料(職員証,申請等取次者証明書等)の写しを同封してください。
利用者情報登録届出書 【PDF】 【EXCEL】


2 認証ID・パスワードを失念したとき
(1)中長期在留者は,出入国在留管理庁電子届出システム上で認証IDの確認とパスワードの再設定を行うことができます。
(2)所属機関等の担当者は,以下のとおり,窓口で又は郵送により手続を行う必要があります。

・窓口による場合
次の認証ID・パスワード確認等申出書を,所属機関等の所在地を管轄する地方出入国在留管理官署の窓口に提出してください。
その際,提出者が所属機関等の職員であることを確認できる資料(職員証,申請等取次者証明書等)を提示してください。
認証ID・パスワード確認等申出書 【PDF】 【EXCEL】

・郵送による場合
次の認証ID・パスワード確認等申出書を,所属機関等の所在地を管轄する地方出入国在留管理官署に郵送により提出してください。
その際,提出者が所属機関等の職員であることを確認できる資料(職員証,申請等取次者証明書等)の写しを同封してください。
認証ID・パスワード確認等申出書 【PDF】 【EXCEL】


3 利用者情報登録を抹消したいとき
  中長期在留者及び所属機関等の担当者は,以下のとおり,窓口で又は郵送により手続を行う必要があります。

・窓口による場合
次の利用者情報登録抹消届出書を,中長期在留者の住居地(所属機関等の場合は所在地)を管轄する地方出入国在留管理官署の窓口に提出してください。
その際,提出者の在留カード(中長期在留者の場合。所属機関等の担当者の場合は,所属機関等の職員であることを確認できる資料(職員証,申請等取次者証明書等))を提示してください。
利用者情報登録抹消届出書(中長期在留者用) 【PDF】 【EXCEL】
利用者情報登録抹消届出書(所属機関・登録支援機関用) 【PDF】 【EXCEL】

・郵送による場合
次の利用者情報登録抹消届出書を,中長期在留者の住居地(所属機関等の場合は所在地)を管轄する地方出入国在留管理官署に郵送により提出してください。
その際,提出者の在留カード(中長期在留者の場合。所属機関等の担当者の場合は,所属機関等の職員であることを確認できる資料(職員証,申請等取次者証明書等))の写しを同封してください。
利用者情報登録抹消届出書(中長期在留者用) 【PDF】 【EXCEL】
利用者情報登録抹消届出書(所属機関・登録支援機関用) 【PDF】 【EXCEL】


4 認証IDとパスワードの有効期間
認証ID(利用者ID)の有効期間
「所属機関等に関する届出(法第19条の16)及び所属機関による届出(法第19条の17)」を行うシステムにおける有効期限は「最後に同システムを利用した時から1年間」,日本語教育機関に告示基準に基づく報告を行うシステム及び特定技能所属機関・登録支援機関の届出を行うシステムにおける有効期間は「パスワードを変更した時から1年間」です。認証IDが失効してしまった場合は,最寄りの地方出入国在留管理官署で認証IDを再度取得してください。
ただし,日本語教育機関が「所属機関等に関する届出及び所属機関による届出」を行うシステムと,日本語教育機関の告示基準に基づく報告を行うシステムの双方を利用している場合には,両システムにおける認証IDの有効期間は「前者のシステムを最後に利用した時から1年間」となります。
パスワードの有効期間
パスワードの有効期間はパスワードを登録又は変更した日から1年間です。ログイン後にパスワード変更画面でパスワードを変更することができますので,定期的にパスワードを変更して管理することを推奨します。
なお,「電子届出システム」内の各システムにおけるパスワードの変更は「所属機関等に関する届出及び所属機関による届出」を行うシステムにおいて一括して行うこととなっています。


※利用者情報登録届出書等の郵送先はこちら【PDF】です。

※地方出入国在留管理官署の管轄は こちら を御確認ください。

※利用者情報登録届出書等を作成する前に,届出書記入時の留意点 【PDF】 を御確認ください。

 

トップ画面へ

ページトップ