文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
愛知人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

事業計画

愛知人権啓発活動ネットワーク協議会では,次の啓発活動を計画・実施しています。

「人権の花」運動

「人権の花」運動は,花の栽培を通じて児童の情操を豊かにし,優しい思いやりの心を体得してもらうことを目的として,昭和57年度から,主に小学生を対象に実施しています。

令和2年度は,豊明市立三崎小学校,弥富市立桜小学校,岩倉市立南小学校,美浜町立布土小学校,知立市立知立東小学校及び豊川市立中部小学校が取り組みます。各地域ネットワーク協議会では,年間を通して人権イメージキャラクターの人KENまもる君・人KENあゆみちゃんと一緒に各取組校を訪問し,併せて人権教室などの啓発活動を実施する予定です。

令和2年度は,以下のとおり実施しています。

Jリーグと連携した啓発活動

愛知人権啓発活動ネットワーク協議会では,名古屋グランパスと連携・協力し,いじめや差別のない明るく豊かな社会をめざすため,Jリーグの公式試合会場において啓発活動を実施しています。

※令和2年度については,新型コロナウイルス感染拡大の防止のため,スタジアムでの啓発活動を中止することになりました。

令和2年度は,非接触型の啓発として,人権啓発動画を作成し,SNSで配信しました。詳しくはこちら

令和元年度は,以下のとおり実施しました。

日時
令和元年10月19日(土曜)キックオフ前(14時)まで
名古屋グランパスVSベガルタ仙台
場所
パロマ瑞穂スタジアム
テーマ
「勇気を出して,みんなが君のサポーター!」

◆過去の啓発活動

人権スポーツ教室

「人権スポーツ教室」とは,スポーツを通じて,子どもたちの憧れの存在であるプロスポーツ選手とふれあい,選手が参加した子どもたちに,仲間や相手を思いやる心,チームワークの大切さ,いじめ防止などについて,メッセージを直接発信することにより,子どもたちに人権意識を持ってもらうことを目的とする活動です。

愛知人権啓発活動ネットワーク協議会では,プロバスケットボールチームBリーグ「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」及び「シーホース三河」と連携し,「人権スポーツ教室」を実施しています。

さらに今年度,Bリーグ「三遠ネオフェニックス」と人権啓発活動連携協定を締結しました。その様子についてはこちらから。

※令和2年度については,新型コロナウイルス感染拡大の防止のため,スポーツ教室を中止することになりました。

令和2年度は,スポーツ教室に代えて以下のとおり実施します。

【名古屋ダイヤモンドドルフィンズと連携した人権啓発活動】

◇試合会場での啓発活動

日にち
令和2年12月9日(水)
場 所
ドルフィンズアリーナ
内 容
人権相談ダイヤルのチラシを配布しました。

【シーホース三河と連携した人権啓発活動】

◇試合会場での啓発活動(第1回)

日にち
令和2年12月19日(土),20日(日)
場 所
ウイングアリーナ刈谷
内 容
シーホース三河と連携した人権啓発ブース出展等
その様子については こちら

◇試合会場での啓発活動(第2回)

日にち
令和3年3月6日(土),7日(日)
場 所
ウイングアリーナ刈谷
内 容
シーホース三河と連携した人権啓発ブース出展
その様子については こちら

【三遠ネオフェニックスと連携した人権啓発活動】

◇試合会場での啓発活動

日にち
令和3年1月24日(日)
場 所
豊橋市総合体育館
内 容
三遠ネオフェニックスと連携した人権啓発物品のブース出展
その様子については こちら

ボッチャ体験教室

「ボッチャ体験教室」とは,人権啓発活動に熱心な公益法人等と連携協力し,ボッチャ体験教室を通して,障害者への理解を深めるとともに,人と人とのコミュニケーション,相手の立場に立った行動を身に付けるなど,様々な人権意識の向上を図ることを目的とする活動です。

今年度は,ロンドンパラリンピック競技大会にボッチャ種目日本代表として出場した加藤啓太氏を招き,ボッチャ体験教室を県内9箇所の小中学校で開催する予定でしたが,新型コロナウイルス感染拡大の防止のため,体験教室を中止することになりました。

令和元年度は,以下の通り実施しました。

車椅子バスケットボール体験教室

「車椅子バスケットボール体験教室」は,車椅子バスケットボール体験を通して,子どもたちに障害者への理解を深めてもらうとともに,人と人とのコミュニケーション,相手の立場に立った行動を身に付けるなど,様々な人権意識の向上を図ることを目的とする活動です。

今年度は,東海北陸車いすバスケットボール連盟所属の選手を講師として招き,車椅子バスケットボール体験教室を名古屋市内3か所の小中学校で開催する予定でしたが,新型コロナウイルス感染拡大の防止のため,体験教室を中止することになりました。

令和2年度は,体験教室に代えて地下鉄に人権啓発広告を掲出します。

広告
掲 出 先
名古屋市営地下鉄全線の小枠(1編成6車両連結のうち1車両)
掲出期間
令和2年11月25日(水)から順次掲出
令和3年1月4日(月)まで

令和元年度は,以下の通り実施しました。

スマイルデーなごや

多くの子ども・若者へ「悩みを抱えたときには,周囲に援助を求めよう」というメッセージを発信するとともに,各相談窓口への理解を深めることにより,子ども・若者の自殺予防につなげることを目的としたイベントを開催しています。

令和2年度は,新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,オンラインイベントを開催しました。

「人権強調月間」・「多文化共生推進月間」行事

8月は, 「人権強調月間」・「多文化共生推進月間」です。

人権強調月間

秋の人権フェスタ「映画会と体験学習」

毎年8月に,夏の人権フェスタとして,「ちょっと素敵な映画会」が開催されていましたが,新型コロナウイルス感染症の影響により,実施時期及び内容を一部変更し,「秋の人権フェスタ」を開催します。

夏の人権フェスタ「ちょっと素敵な映画会」 夏の人権フェスタ「ちょっと素敵な映画会」
実施日
①令和2年 9月27日(日)
②令和2年10月 4日(日)
③令和2年10月10日(土)
場所
なごや人権啓発センター ソレイユプラザなごや
各日定員40名(定員を超える場合は抽選)
映画
①「体操しようよ」
②「アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール」
③「“樹木希林”を生きる」

憲法週間記念行事「講演と映画の会」

憲法週間記念行事 ソレイユプラザなごや

憲法週間記念行事

名古屋市では,憲法週間記念行事として,毎年,人権について考える「講演と映画の会」を開催しています。

令和元年度は,以下のとおり実施しました。

※令和2年度については,新型コロナウイルス感染拡大の防止のため,中止となりました。


ちょっと素敵な映画会

日時
令和元年5月18日(土)午前10時30分〜午後4時35分
会場
伏見ライフプラザ5階鯱城ホール
映画
@「北の桜守」
A「終わった人」

講演と映画の会

日時
令和元年5月19日(日)
会場
伏見ライフプラザ5階鯱城ホール
講師
小島慶子さん(エッセイスト・タレント・東京大学大学院情報学環客員研究員)
演題
「家族と乗り越えた発達障害」
映画
「認知症と向き合う」


名古屋市では,市民の皆さん一人ひとりの人権が尊重され,差別や偏見がない人権感覚に優れた「人間性豊かなまち・名古屋」の実現をめざし,毎年,憲法週間の啓発事業として,講演と映画の会を開催しています。

◆過去の「憲法週間記念行事」

人権週間・・・・・・毎年12月4日〜12月10日

「世界人権宣言」は,1948年(昭和23年)12月10日に国連で採択されましたが,これを記念して国連は12月10日を「人権デー(Human Rights Day)」と定め,すべての加盟国に対し,人権思想の啓発のための行事を毎年実施するように要請しています。わが国では、毎年12月10日を最終日とする1週間(12月4日から10日まで)を「人権週間」と定め,全国的な啓発活動を展開しています。

令和2年度啓発活動

人権週間記念行事

チラシ:人権週間記念行事
チラシ:人権週間記念行事

令和2年12月5日(土)

◇午前の部 午前10時から

 映画「めぐみ−引き裂かれた家族の30年−」

◇午後の部 午後2時から

 人権講演会「松本サリン事件を超えて〜犯罪被害者の人権を考える」

令和2年12月6日(日)

◇午前の部 午前10時から

 映画「あの日のオルガン」

◇午後の部 午後2時から

 映画「最高の人生の見つけ方」

「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」行事

チラシ:「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」行事

平成18年6月に「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され,毎年12月10日から16日までの1週間を「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされました。

拉致問題を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が、国際社会を挙げて取り組むべき課題とされています。この問題についての関心と認識を深めるために,政府主催によるシンポジウムの開催,ポスターの掲出,チラシ等の配布,講演会,パネル展等様々な活動が行われています。

愛知県人権擁護委員連合会においても,北朝鮮当局による拉致問題等に関する知識を深めるために,様々な啓発活動を行っています。

過去の講演会等

あいち人権情報

「あいち人権情報」は,愛知県県民文化局人権推進課(旧:愛知県県民文化部県民総務課人権推進室)が,年2回発行している人権に関する情報紙です。

あいち人権啓発プラザからのお知らせや,人権に関する話題など情報が盛りだくさんです。

以下のとおり,PDF形式で紹介します。

あいち人権講座

「人権の世紀」と言われる21世紀の今日において,すべての人がお互いの人権を尊重し,相互に共存し得る,平和で豊かな社会を実現するためには,様々な人権課題への関心を高め,理解を深めることが重要となっています。

また,一方で,女性への暴力,児童・高齢者虐待,障害者や外国人等への差別的扱い,さらには貧困や較差などが大きな社会問題となっています。

こうした中,県民の皆様に人権に関する理解を深めていただくため,「あいち人権講座」を開催しています。

あいち人権ユニバーサルイベント

令和2年度は,新型コロナウイルス感染拡大防止のため,オンライン開催します。

◇1回目

日時
         令和2年12月17日(木)午後2時30分から午後4時30分まで
基本講演
         イチから学ぼうセクシュアリティの基本知識
企業パネルディスカッション
 多様性を尊重し組織力を高めるダイバーシティ推進

◇2回目

日時
         令和3年1月22日(金)午後2時30分から午後4時50分まで
基本講演
         LGBT等性的マイノリティにとっても過ごしやすい職場づくりとは
企業パネルディスカッション
 インクルーシブルな企業風土の醸成

◇3回目

日時
令和3年2月19日(金)午後2時から午後4時40分まで
基本講演
LGBT/SOGI社内施策の進め方
特別講演
インクルージョンがひらくミライ
チラシ:あいち人権啓発イベント
チラシ:あいち人権啓発イベント

全国中学生人権作文コンテスト愛知県大会

中学生が,人権問題について作文を書くことによって人権尊重の重要性,必要性について理解を深めてもらうとともに,豊かな人権感覚を身に付けてもらうこと,及び入賞作品を国民に周知広報することによって,広く一般的に人権尊重思想を根付かせることを目的に実施しています。

※令和2年度(第40回)は新型コロナウイルス感染拡大の防止のため延期となりました。

令和元年度(第39回)は,以下のとおり実施しました。

募集期間
6月1日(土)〜9月6日(金)
入賞発表
11月11日(月)名古屋法務局ホームページ上
表彰式
12月15日(日)

第39回を迎えた今回の大会では,中央大会で,愛知県大会最優秀賞が贈られた2編に対し,法務省人権擁護局長賞,奨励賞がそれぞれ贈られました。

法務省人権擁護局長賞 

岡崎市立竜南中学校2年 赤堀陽南 作   「 障害と向き合って見える未来

奨励賞

碧南市立新川中学校2年 石川昂平 作 「おばちゃんは,蓮の花のような人


人権を理解する作品コンクール

第48回人権を理解する作品コンクールの実施について

名古屋法務局,愛知県人権擁護委員連合会,愛知人権啓発活動ネットワーク協議会及び株式会社中日新聞社は、次代を担う小・中学生の皆さんに「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、平等である。」とする人権尊重の重要性、必要性についての理解を深めるとともに豊かな人権感覚を身に付けてもらうことを目的として、「人権を理解する作品コンクール」を実施します。

昨年は,愛知県内の小中学校1,146校から262,583点の応募がありました。

今回もたくさんのご応募をお待ちしています。

実施内容

対象
愛知県内の小中学校(外国人学校及び特別支援学校、中等教育学校を含む)に在学する児童・生徒
課題
以下の人権課題からテーマを1つを選び、ポスター・書道・標語を作製してください。
  • 男女差別
  • いじめ
  • 児童虐待
  • 高齢者
  • 障害者
  • 同和問題(部落差別)
  • 外国人
  • ハンセン病
  • インターネットにおける人権侵害
  • 北朝鮮当局によって拉致された被害者等
  • 性的少数者
  • 新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別,偏見,いじめ等
  • その他人権に関するもの
※ 作品は未発表で,他のコンテストに応募予定のない作品のみ
規格
ポスター  四つ切り画用紙大(約39cm×54cm)
書  道  半紙大(約33cm×24cm)・楷書又は行書
標  語  A5(約15cm×21cm)・縦書き
※ 作品はできる限り丸めないで応募してください。
  また,書道の作品の裏打ちは原則禁止とし,半紙に学年及び氏名を記載してください。
※ オリジナル標語用紙はこちら
募集期間
令和2年10月15日(木)〜12月8日(火) 必着
※応募作品は,学校単位で取りまとめ,集計表を同封の上,持参又は送付してください。
応募方法
児童・生徒は、ポスターと書道は作品の裏面の右下に次の「応募票」を貼付し、標語は「オリジナル標語用紙」を使用し、学校に提出してください。
標語において、「オリジナル標語用紙」以外で提出の場合は、作品の表面に次の「応募票」を貼付してください。
書道は、半紙の状態で学校に提出してください。
学校は、取りまとめの上、「人権を理解する作品コンクール集計表」を添付して応募先に持参又は送付してください。

※左の様式の「応募票」に必要事項を記入の上、作品に必ず貼付してください。

※応募票のない作品、規格外の作品、書道教室・絵画教室等から直接応募された作品は、審査の対象となりませんので、注意してください。

表彰について

  • ◎最優秀賞   30点以内
    ◎優秀賞  60点以内
  • ◎入選    150点以内
    ◎佳作   300点以内
※ 以上の入賞者には,表彰状及び副賞を授与します。
※ 各賞の点数は、ポスター・書道・標語の各入賞者数の合計です。
入賞発表
令和3年1月下旬に名古屋法務局ホームページ上で発表するほか、最優秀賞受賞者については、中日新聞紙上に掲載する予定です。
表彰式及び入賞作品の展示等
◎表彰式   令和3年2月20日(土) 名鉄百貨店本店
◎展示期間  令和3年2月18日(木)〜23日(火)
◎展示会場  名鉄百貨店本店(全入賞作品)
 
※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,表彰式は中止といたしました。
  なお,入賞作品はYouTube名古屋法務局チャンネルで配信しています。
※ これとは別に、県内各地において応募作品の一部を展示する場合があります。
※ 表彰式については,新型コロナウイルス感染症の拡大状況等を考慮し,中止する場合がありますので,あらかじめご了承ください。

注意事項

その他
応募できる作品は各部門1人1点です。1人でそれぞれの部門に応募できます。2人以上の合作は認められません。
応募作品の著作権は、全て主催者に帰属し、主催団体の許可なく作品を転載・発表することはできません。
応募作品は、返却しません。
主催団体が作品の転載・発表を許可する場合は、本人の許諾を求めません。
入賞作品については、作品,受賞者の学校名,学年及び氏名を公表するとともに、優秀賞以上の受賞作品については、「人権作品集」に収録し、県内小中学校等に配布します。また、その他の応募作品についても、公表することがあります。
応募作品の個人情報については、本コンクールの目的以外での使用は一切いたしません。

主 催  名古屋法務局・愛知人権啓発活動ネットワーク協議会
    愛知県人権擁護委員連合会・株式会社中日新聞社
後 援  愛知県教育委員会・愛知県内市町村教育委員会
後 援  株式会社名鉄百貨店・株式会社名古屋グランパスエイト

ヘイトスピーチ解消に向けた啓発活動について

愛知人権啓発活動ネットワーク協議会では,ヘイトスピーチ解消に向けJR名古屋駅ほか3か所でデジタルサイネージを利用した啓発活動を行いました。

あいち人権啓発プラザ企画展

第11回 女性の人権

期間
2021年2月1日(月)から2月26日(金)まで
平日の午前9時から午後5時15分まで(最終日:午後4時まで)
会場
あいち人権啓発プラザ(愛知県東大手庁舎3階)
内容
男女共同参画に関する啓発パネル展示
入場料
無料

第12回 ひとりじゃないよ。ひとりにしないよ。〜自殺やうつ,こころの健康について考える〜

期間
2021年3月2日(火)から3月16日(火)まで
平日の午前9時から午後5時15分まで(最終日:午後4時まで)
会場
あいち人権啓発プラザ(愛知県東大手庁舎3階)
内容
うつ病・こころの健康に関する啓発パネル展示,様々な相談窓口を掲載したパンフレット等配布
入場料
無料
チラシ:あいち人権啓発イベント

人権擁護委員の日・・・・・毎年6月1日

人権擁護委員は、人権擁護委員法に基づいて活動しています。

そして、人権擁護委員法が施行された日(昭和24年6月1日)を記念して、毎年6月1日を「人権擁護委員の日」と定めています。

人権擁護委員とは、その地域住民の中から人格識見が高く、広く社会の実状に通じ、人権擁護に理解のある人を市町村長が推薦し、法務大臣から委嘱された方々です。

現在、約14,000名の人権擁護委員が全国の各市町村に配置され、地域住民の人権が侵害されないよう注意し、侵されたときは、その相談を受けるとともに、被害救済のため速やかに適切な処置をとり、また、街頭啓発や講演会などを通して、人権の大切さについて理解を深めてもらうための活動をしています。

「人権擁護委員の日」にちなんで、県内では「特設人権相談所」を開設しています。
 学校でのいじめや職場でのセクハラ、パワハラ、虐待など皆さんの毎日の生活の中で、「これは人権問題ではないだろうか?」と感じたりお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

また、東日本大震災に起因する人権問題のご相談にも応じます。

相談は無料で、秘密は厳守します。

名古屋法務局、愛知県人権擁護委員連合会及び名古屋人権擁護委員協議会でも、毎年特設相談所を開設しています。


このページの先頭へ