本文へジャンプメニューへジャンプ
福井県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

人権擁護委員とは

人権擁護委員ってこんな人

人権擁護委員は,人権擁護委員法に基づいて,人権相談を受けたり人権の考えを広める活動をしている民間ボランティアです。

人権擁護委員制度は,様々な分野の人たちが人権思想を広め,地域の中で人権が侵害されないように配慮して人権を擁護していくことが望ましいという考えから設けられたもので,諸外国に例を見ない制度として発足しました。

人権擁護委員は無報酬ですが,現在,福井県内で約130人が法務大臣から委嘱され,県内各市町において,積極的な人権擁護活動を行っています。

人権擁護委員名簿

人権擁護委員の仕事は

@人権相談

人権擁護委員は,地域の皆さんからの人権に関する相談に応じる「あなたの町の相談パートナー」です。相談は無料で,相談内容についての秘密は厳守されます。
※人権相談案内についてはこちら

A人権侵害の被害者の救済

全国の法務局・地方法務局では,「人権を侵害された」という被害者からの申告を受けて,救済手続を開始します。人権擁護委員は,法務局の職員と協力して,人権侵犯事件の調査,処理に当たります。また,調査の途中で,当事者の主張や利害を調整し,事案の円満な解決を図ることも行います。

B人権啓発活動

人権擁護委員は,各地域のおいて,住民一人一人の人権意識を高め,人権について理解を深めてもらうためにアイデアに富んだ様々な啓発活動を行っています。

このページの先頭へ