文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
岐阜県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > 活動紹介‐岐阜地方法務局 >

ここから本文です

「全国中学生人権作文コンテスト」岐阜県大会

令和3年度「全国中学生人権作文コンテスト」岐阜県大会 募集要領

http://www.moj.go.jp/jinkennet/gifu/gifu_jigyou_sakubun.html


2019年度「全国中学生人権作文コンテスト」岐阜県大会

法務省と全国人権擁護委員連合会では、次代を担う中学生の皆さんに、人権に関する作文を書くことを通じて、人権尊重の重要性、必要性について理解を深めてもらうとともに、豊かな人権感覚を身につけてもらうことを目的として、昭和56年度から毎年「全国中学生人権作文コンテスト」を実施しています。岐阜県においても岐阜地方法務局・岐阜県人権擁護委員連合会が主催して岐阜県大会を実施しており、2019年度は、県下168校の中学校から、13,283編という多数の作文が寄せられました。

「全国中学生人権作文コンテスト」岐阜県大会入賞者(2019年度)

「全国中学生人権作文コンテスト」中央大会入賞者(2019年度)
※ 作品名をクリックすると、全文が表示されます。
作文を自治体等の広報紙(誌)等に掲載を希望される場合や、学校の教材として使用される場合等には、下記に御連絡願います。
岐阜地方法務局人権擁護課 058-245-3181

協議会別応募数一覧(2019年度)

作品応募数
協議会名 中学校数 応募数
岐阜 57校 7,091編
八幡 7校 398編
大垣 26校 1,454編
可茂 22校 1,506編
多治見 16校 1,038編
中津川 19校 1,245編
高山 21校 551編
合計 168校 13,283編

地方大会応募作品内容別内訳(2019年度)

  作品の内容 作品数 割合
(1) 女性問題 151 1.1%
(2) 子どもに関する問題 5,809 43.7%
(3) 高齢者問題 835 6.3%
(4) 障がいのある人に関する問題 1,226 9.2%
(5) 同和問題(部落差別) 55 0.4%
(6) アイヌの人々に関する問題 6 0.1%
(7) 外国人の人権問題 394 3.0%
(8) HIV感染者・ハンセン病患者等に関する問題 71 0.5%
(9) 犯罪被害者等に関する問題 74 0.6%
(10) 性的指向・性自認に関する問題 216 1.6%
(11) 差別問題 1,436 10.8%
(12) 戦争や平和 902 6.8%
(13) 環境問題 322 2.4%
(14) プライバシー問題 145 1.1%
(15) 東日本大震災に起因する人権問題 76 0.6%
(16) その他オリンピック・パラリンピック競技大会 73 0.5%
(17) その他人権の尊重 1,492 11.3%
合計 13,283 100.0%

地方大会応募作品内容別内訳(グラフ表)

地方大会応募作品内容別内訳(平成28年度)グラフ

このページの先頭へ