文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
ここから本文です

岩手県人権啓発活動ネットワーク協議会

ホーム > 地域ネットワーク協議会 > 盛岡・二戸・宮古人権啓発活動地域ネットワーク協議会 >

Bリーグ 岩手ビッグブルズホームゲーム会場において,人権作文コンテスト表彰式及び人権啓発イベントが開催されました(盛岡タカヤアリーナ)

平成29年12月24日(日),盛岡タカヤアリーナにおいて,第37回全国中学生人権作文コンテスト岩手県大会表彰式を行いました。

また,表彰式当日に,同アリーナで行われたBリーグ岩手ビッグブルズ公式戦とタイアップして人権啓発イベントを行いました。

人権作文コンテストは,次代を担う中学生が作文を書くことによって,人権尊重の重要性,必要性についての理解を深めるとともに豊かな人権感覚を身に付けることを目的として,毎年実施しています。平成29年度は,岩手県内109校の中学校から9,550編の応募が寄せられ,これまでで最も多い応募数となりました。

第37回全国中学生人権作文コンテスト岩手県大会入賞者一覧

【第37回全国中学生人権作文コンテスト岩手県大会表彰式】

最優秀賞及び審査員特別賞受賞者の9名のみなさん,おめでとうございます。

★ 岩手県人権啓発活動ネットワーク協議会PRESENTS ★
【岩手ビッグブルズ公式戦とタイアップした人権啓発活動の紹介です】

受賞者9名と人KENまもる君・人KENあゆみちゃんは,表彰式と同じ会場で行われたBリーグ岩手ビッグブルズの公式戦(岩手ビッグブルズVS山形ワイヴァンズ)に参加し,啓発活動を行いました。


公式戦オープニングでの啓発
←受賞者9名を紹介しました


←人権擁護委員の活動を紹介する和村県連副会長と千田県連事務局長

今年は,サンタさんとトナカイさんも駆けつけてくれました。→


 試合のハーフタイムに,人権作文コンテストで最優秀賞を受賞した盛岡市立土淵中学校の山下琉斗さんが作文の朗読を行いました。
 岩手ビッグブルズ賞を受章した北上市立和賀東中学校の橋陽さんは,試合開始時に審判に試合球を渡すという大役を見事に果たしてくれました。

このページの先頭へ

岩手県人権啓発活動ネットワーク協議会