文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
長崎県人権啓発活動ネットワーク協議会
育てよう,一人一人の人権意識
‐思いやりの心・かけがえのない命を大切に‐ここからメニューです
人権イメージキャラクター
人KENまもる君
人KENあゆみちゃん

ホーム > 主な人権問題 >

ここから本文です
主な人権問題

HIV感染者等〜HIV・肝炎・新型コロナウイルス感染症〜

エイズ,肝炎,新型コロナウイルス感染症等,感染症に対する知識や理解の不足から,日常生活,職場,医療現場など社会生活の様々な場面で,差別やプライバシー侵害などの人権問題が発生しています。感染症についての正しい知識を持ち,この問題についての関心と理解を深めていくことが必要です。

HIV

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に対する正しい知識と理解は,いまだ十分とはいえない状況にあります。

HIVは,性的接触に留意すれば,日常生活で感染する可能性はほとんどありません。また,治療法の進歩により,仮にHIVに感染したとしても,早期発見及び早期治療を適切に行うことで,エイズの発症を予防し,他人への感染リスクも大きく低下させることができます。

しかし,正確な情報が十分には伝わっておらず,原因不明で有効な治療法がなく死に至る病であった時代の認識にとどまっている場合が少なくありません。そのことが,感染を心配する人たちを検査や治療から遠ざけ,偏見や差別を招く一因となっています。

法務省の人権擁護機関では,HIVに関する正しい知識を広め,HIV感染者・エイズ患者に対する偏見・差別をなくすため,人権啓発活動や人権相談,調査救済活動に取り組んでいます。

肝炎ウイルス

肝炎は,肝臓の細胞が傷つけられ,その働きが損なわれる病気で,多くはB型肝炎ウイルス,C型肝炎ウイルスに起因するものです。

B型,C型肝炎ウイルスに感染した後,そのまま放置すれば,慢性化して肝炎になり,肝硬変や肝がんといった重篤な疾患へと進行するおそれがありますが,必要な検査や適切な治療をすれば,ウイルスの排除や抑制をして進行を抑えることができます。特に,C型肝炎には,ウイルスを体内から排除し治癒させることができる飲み薬が登場しています。B型,C型肝炎ウイルスは,主に血液や体液を介して感染します。感染を予防するためには,血液や体液が付いた器具を共用しないこと,血液や体液が傷や粘膜に直接触れるのを防ぐことが重要です。このほか,普段の生活の中で感染することはありません。しかし,このことが十分に理解されていない結果として,偏見や差別に苦しんでいる肝炎ウイルスの感染者や 患者も少なくありません。

政府は,感染者や患者に対する偏見や差別をなくすため,肝炎についての正しい知識の普及啓発を行っています。

新型コロナウイルス

令和 2 年,新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い,「コロナ差別」,「コロナいじめ」などと呼ばれる様々な人権問題が発生しました。

政府は,「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に基づき,感染者・濃厚接触者,医療関係者その他の対策に携わった方々やその家族に対して誤解や偏見によって差別を行うことがないよう呼びかけるなど,感染者等の人権が侵害されることのないよう,各種の取組を実施しています。

法務省の人権擁護機関では,法務省ホームページ(http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken02_00022.html)や公式SNSを用いて,また,公益財団法人人権教育啓発推進センターによる「STOP!コロナ差別キャンペーン」に参加するなどして,繰り返し,新型コロナウイルス感染症に関連した不当な差別・偏見は許されないものであり,このような行為を行わないよう呼びかけるとともに,人権相談の窓口の周知を行っています。

そして,人権相談等を通じて,人権侵害の疑いのある事案を認知した場合には,人権侵犯事件として調査を行い,事案に応じた適切な措置を講じています。

このページの先頭へ